2011年03月11日

地震お見舞い

Category: 店主の独り言

 

今日、大変な規模の地震に見舞われました。皆様のお宅は大丈夫でしたでしょうか?

ライフサウンドでは、TD712zMK2LSの右チャンネルが転倒しました。

スピーカーケーブルが頑張って勢いよく倒れることは防げましたが、これから、テストして状況確認をします。

CDは棚から飛び出したものもありますが、損害は軽微ですみました。

金魚の水槽も問題はなく、無事でした。

 

神奈川県では停電もあり、まだまだ余震が続くことと思いますので、十分の御注意下さるよようお願い致します。

 

 

 

 

2011年03月08日

AVALON-LS その49 感謝を込めてセカンドロット誕生!

 

店主も想像をしていなかった程に人気を博しておりますAVALON-LS。

オーディオ再生のために生まれた21世紀のトップを飾る記念碑的オーディオアイテムです。

しかし、オーディオファンのみならず、それ以外のファンも生まれてしまったAVALON-LSです。

お陰様で初期ロットは完売となり、セカンドロットへ。

御支持を頂いた全ての皆様へ心から感謝申し上げます。

 

ありがとうございました!!!

 

ユーザーの皆様への感謝として、セカンドロットは内容をさらに充実させて頂きます。

AVALON-LSの心臓部ともいえる宝石達の量を1.3倍にしました。

価格はユーザーの皆様への感謝として据え置きとさせていただきます。

 

これによってAVALON-LS効果はさらにアップ、音楽表現がさらに深みを持つことになりました。

効果として2倍以上に感じられるかもしれません。

 

また、AVALON-LS金を2台お持ちの方に朗報です。

セカンドロットAVALON-LSを1台導入されると、スピーカー後方にこれまでのAVALON-LS金を2台化させ合わせてセット。

そして、スピーカー前方にセカンドロット1台をセットすれば、以前テストしたスピーカー前方金&銀、スピーカー後方金&金の組み合わせに負けない音楽表現を獲得出来ますというか、それを遥かに超えてしまう表現を獲得することが出来ます。

すでにセカンドロットも動き出しておりますが、その威力に大絶賛の嵐を頂いております。

店主も驚きの体験をしてしまいました。 ライフサウンド始って以来の感動の体験です。

3台目の導入を強く々お奨めいたします。

 

 

http://www.lifesound.co.jp/m3a/avalpn-ls

2011年03月07日

プレアデスからの贈り物 その3 花粉症にも

Category: お客様の声

 

 

 

最近、「プレアデスからの贈り物」を購入されたユーザーの方から

「ここのところ調子良いんですよね。」と御連絡を頂きました。

 

「どんな感じですか?」と質問させて頂くと

「出ないんです!」と言われるので

「何が出ないのですか?」と再度、質問をさせて頂きました。

 

「あれですよ。もう季節になっているのですが、出ないんですよ。」と

「あれって何ですか?」と再々度、質問をさせて頂きました。

すると

「あれですよ。あれ、花粉症」

店主は花粉症になったことが無いので、その苦しさが分からないのですが

「目を取り出して、ブラシで磨いて、戻したい位」とのことだそうです。

 

今のところ「目を取り出したくなることはない」とのことでした。

今後も推移を見守りたいですね。

 

また、すでに花粉症が始まった方が、つい最近、「プレアデスからの贈り物」を導入されました。

頭がすっきりするとの御連絡を頂いておりますが、花粉症に対しては、これから御報告を

頂く予定です。

音楽を楽しみたいのに、花粉症になっていると、それどころではないですよね。

「プレアデスからの贈り物」が役立つと良いですね。

 

 

 

 

 

2011年03月07日

ちょっとびっくり

Category: 店主の独り言

 

今日は、びっくりすることが・・・・

大好評頂いているTDシリーズへのチューニングですが、TD307Ⅱの本体とLSチューニングの御依頼を頂きました。

 

早速、スピーカーをメーカーから取り寄せたのですが・・・・・・

宅配業者からアシスタントが受け取り、しばらくして店主が帰宅して、開封するために箱を持って

みると・・・・・・・・・

 

臭いのです!  何の臭いがするかというと「たばこ」の臭いがするのです。

箱でけなく、伝票も臭いのです。

これは参ります。

念の為に開封すると、内部は臭くはありません。

しかし、外箱は臭いし、持つと手にたばこのヤニの僅かな感触があり、指先も臭くなりました。

 

これでは、店主もチューニングする気にもなりません。お客様に失礼に対しても失礼になるので、宅配業者へクレームを入れました。

オーディオ機器にとっても、煙草の煙は百害あって一利なしです。

 

メーカーもびっくりで、明日、新品を再送してもらうことになりました。

こんなことは初めてでした。

 

 

2011年03月04日

AVALON-LSその48 音楽とお茶

Category: ユーザー様宅訪問記

 

横浜市にお住まいのIさんの新築のお宅へ訪問させていただきました。

今回はEML5U4GとFAZIOLIフロアボードの納品と、AVALON-LSのデモでした。

メロディ845LSの整流管の寿命となり、交換となりました。

お部屋が広くなった関係でFAZIOLIフロアボードを増設。

EMLの5U4Gに交換したことで、音の抜けがさらに改善されて、より快適なサウンドになりました。

 

 

音の輪郭が明瞭でありながら自然。 全く素晴らしい結果となりました。FAZIOLIフロアボードの中間部1枚が増設されて、サウンドステージも広々となりました。

 

 

 

             

           ↑ FAZIOLIフロアボードの前の床にAVALON-LS(金)を置きました。

 

設置してから、これまで以上に音がリスナー側に飛んできます。それは、体を抜けて行くように快適です。

さらに、低音の骨格がしっかりして、質量感も充実してきてしまいました。

エンヤを聴いていたのですが、彼女がそこで歌ってくれているようになり、お部屋はライブ会場となってしまいました。

 これにはIさんも奥さんもびっくり!

さらにAVALON-LSを使用してお茶、水、そして、ケーキの味に対する効果を確認するテストを、音楽を聴きながら行いました。

Iさんは学生時代に水の研究をされていたのですが,AVLON-LS効果にはびっくり!

水道水が、自然の水を汲んできて飲んでいるような味に変化したことを確認して頂きました。

さらに浄水器を使った水ですが、それが浄水器の水とAVALON-LSで加工した水の違いは、浄水器の水が、ただの水道水の様に感じてしまわれたそうです。

圧巻だったのは中国茶でのテストでした。日本茶も味はまろやかで、舌触りはきめ細かくなったのですが、中国茶はさらに香りが濃く深くなりました。そして、味わい深く、舌触りも快適でした。

Iさんの妹さんの手作りの紅茶風味のカップケーキは、よりしっとりとして品格がさらにアップしてしまいました。元々美味しいケーキが、さらに美味しくなってしまったことにテストに参加した全員が確認することになりました。

結果としてAVALON-LSを2台導入されることになってしまいました!

 

 

 

2011年02月28日

AVALON-LSその47 2台目を導入されて。

Category: お客様の声

 

平塚のSさんがAVALON-LS金の2台目導入をされました。

その結果について御報告を頂きました。

 

                ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★

 

 

追加のAVALON-LS受取りました。

 

絶対数が少ないので、AVALON-LSをスピ-カ-前後、M3A-GXをリスナ-後方のセンタ-ラインに、M3A-Xをサイド周辺に配置しました。

 

音が出た瞬間びっくりしました。

今までとは明らかに異なる迫真のリアルでエネルギッシュな音場が出現し、アタック音が体に感じられるようです。

 

遊びでAVALON-LS合体のワンポイント方式もテストしてみましたが、バランスの問題もあり、基本パタ-ンにしました。

 

今後とも、ご指導のほど、よろしくお願いいたします。

2011年02月27日

FAZIOLIフロアボードについて その3

Category: 製品紹介

 

昨日は、FAZIOLIフロアボードの原材料を現地で手配してくれる業者のK氏と打ち合わせをしていました。

最近は日本向けの輸出が減って、倒産した会社も多いそうです。

ライフサウンドの場合は、小ロットの発注になるのですが、輸出する側モ、そんなに負担にならないようで、今後も継続して素材の提供が受けられることになりました。

 

FAZILOLIフロアボードに使用する原材料の加工は、現地でも第一級の加工をするので、最高級品としても有名なようです。

傷にも強く、また面としても水平がしっかり取れていて、素晴らしいものです。

 

ライフサウンドは最高の音楽再生を追求しているので、下手に妥協が出来ないところがありますので、やはりこういう素材が集まってくるのだと思います。

船便で送られてくるので素材の入荷から、加工まで1ヵ月ぐらいは必要になると思いますが、今後もFAZIOLIフロアボードをよろしくお願いします!

 

2011年02月26日

FAZIOLIフロアボードについて その2

Category: 店主の独り言

 

FAZIOLIフロアボードに使う原材料は、現地でも最高のクラスのものを使用しています。

それだけに、値段も高価です。

日本への発送に関して、これまで調査をしてもらっておりました。

以前は、コンテナ輸送が出来たで、原材料費も安く抑えられたのですが、これから、そうもいかない状況です。

原価的にもこれまでの約2倍のコストになりそうですが、製品単価としては6,000円位のアップで抑えられそうです。

 

現在の価格で販売出来るのは国内の在庫があるまでです。

少し幅が狭い状態ですが、音質は同じです。

この在庫が無くなると、価格は改定しなければなりません。

円高のメリットがあるので、輸送コストが高くなっても、多少吸収出来るので、価格の大幅なアップは避けられそうです。

2011年02月17日

AVALON-LS その46  M3A-X、M3A-GXとその設置

Category: お客様の声

 

AVALON-LSやM3A-X、M3A-GXを導入して頂いている平塚のSさんから、近況を御報告頂きました。

 

                 ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★

 

 

 

 

AVALON-LSはアバウトな位置でも、そいれなりに効果がありますが、M3A-XやM3A-GXは、もう少しシビアにポイントを探る必要があり、昨年3月にM3A-Xを導入して以来、数十パターンをテストしてきました。

 

 

やっとここ数日で、「これは!」と満足出来る音場が出現しました。

 

何の事はなく、結果を見れば、壁のマッピンゴ・ディスクもフロアのM3A-X、M3A-GX、AVALON-LSも店主の推薦パターンにおさまっていました。 (笑)

2011年02月16日

プレアデスからの贈り物 その3

Category: お客様の声

 

この方もオーディオとは全く無関係のアシスタントである妻の知人の方です。

すでにAVALON-LS金を使用されて快調な毎日だそうですが、さらに「プレアデスから贈り物」を導入されてしまいました!

女性の美への追求心は凄いものがあります!

 

 

                     ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

昨日は長い時間おじゃましました。またいろいろなお話しを伺えて勉強になりました!

 

 

 


「プレアデスからの贈り物」は、昨日からずっと身につけています!
昨日からの感想は、心がとても軽く、ハイテンションになったことです\(^O^)/ ルンルン

私も奥さんみたいに綺麗になれることを期待してネックレスをつけつづけまーす!

2011年02月16日

AVALON-LSその45

Category: お客様の声

 

オーディオ関係には、全く御縁の無いアシスタントの知人が、AVALON-LS(金)を導入されてしまいました!

これには店主の私もびっくり!

早速、御感想を頂きました。

 

                   ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★

 

こんにちは
昨日は 本当にありがとうございました。

昨夜 アバロンを枕元に置いて休みました。

横になった時に 柔らかい 暖かい波動 バワーが伝わってきて とっても気持ちよくなって・・・

「わぁー すごーい!」と幸せいっぱいの気持ちで深~い眠りに入りました。

2011年02月13日

AVALON-LSその44 金と金と銀

Category: 製品紹介

 

AVALON-LS金と銀の組み合わせのテストは続いております。

今回はスピーカー後方のAVALON-LSは金と金の組み合わせで固定し、スピーカー前方のAVALON-LSを金と金、さらに金と金と銀、金と銀と金、そして銀と金をいう組み合わせて、聴き比べてみました。

何とも贅沢なことですね!

 

まず、金と金は低音の響きにドスが効いている感じです。ベース等の唸りが素晴らしいですが、女性ボーカルはやや硬め。

ボーカルなどが無い場合でオケの低音などをブルンブルンと楽しみたい場合は、よいかもしれません。

 

 

 

第2弾は、金と金と銀です。これは先程、やや硬かったボーカルがソフトになり、聴きやすいですね。

これはこれで魅力的です。ベースは先程よりやや控えめな感じです。

ここまでやる必要かあるかな?と思うところもありますが、やってみて損はないでしょう。

 

 

 

第3弾は、金と銀と金。これはボーカルはやや硬め、全体に少し抑制された感じです。

それぞれの楽音はしっかりしていますが・・・・

これは店主の趣向とは違いますね。

 

最後に銀をベースに金を上にしてみました。

低音が軽くなりこれもイマイチな感じです。(イマイチなので画像を撮影しませんでした。)

 

スタンダードですが金をベースに銀を載せた方がはるかに音楽的に堪能出来ます。

 

 

 

今回のテストで、基本的にはスピーカーに前方金と銀の組み合わせとスピーカー後方に金と金というのが良い感じです。

敢えて挑戦されたい方は金と金と銀を組み合わせて頂くと面白いかもしれません。

2011年02月09日

プレアデスからの贈り物 その2

 

最近、「プレアデスからの贈り物」が静かな人気を頂いております。

現代人はパソコンや携帯電話を使う頻度が多く、眼精疲労の原因であり、お仕事によっては毎日続いている方も多いですね。

眼精疲労は体全体に影響を及ぼす様で、音楽鑑賞の妨げにモなると、経験からしても言えるのではと思います。

 

代々木上原のMさんもご利用頂き、AVALON-LSとの併用でかなりの効果を体感されているようです。

                   ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★

プレアデスの贈り物:パワーネックレスは好調です。
昨夜はぐっすり眠れ、今朝の寝覚めも爽やかでした。
今日一日、身体が軽く物事がサクサクと進められる感じです。
首や肩の凝りが消えて、頭もスッキリとしています。

                  ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★

まとめると以下の様です。

 

・肩凝りがなくなった。
・夜ぐっすり眠れて寝起きが壮快。(枕元に置いています。)
・鼻づまりや喉の痛みがなくなって、風邪気味になることも減った。
・気分が安定。イライラせず前向きになって新しいことに気づく。
 

                   ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★

また、御母上(80歳)にプレゼントをされた結果についても以下の御報告を頂きました。

                   ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★


福岡の母に電話したところ、ぐっすり眠れて、
肩の周りが軽くなったそうです。
すごいねー、と喜んでいました。
このところよく眠れず、薬を飲もうかと思って
いたところらしく、本当にグッドタイミングでした。
良かったです。

2011年02月07日

AVALON-LSその43 金と金と金と銀と・・・パワーアップシール

Category: 製品紹介

 

AVALON-LS 銀には以下のポジションパワーアップシールを装着します。

 

 

 

           画像では1ヶ所ですが、合計で3個所にパワーアップシールを装着します。

          (AVALON-LS銀を載せている水晶を入れた器は撮影のために使用しました。)

これによって如何なる変化をするのでしょうか。

 

早速、試聴してみました。AVALON-LS金を後方へ、そして、AVALON-LS銀を前に持って来

るパターンと、その逆を試しました。岐阜のIさんとのテストとの比較をしてみます。

パワーアップシールが装着していない状態と比較しますと、「格段の差」になりました。ボデ

ィが揺さぶれて生み出される微妙な高域のノイズは全く姿を消してしました。

そして、音の輪郭が正確になりました。 Iさんが御不満と感じられたであろう問題が解消されたと言っても良いでしょう。

AVALON-LS銀を前にセットするメリットは女性ヴォーカルが円やかなサウンドになることです。つまり女性らしい声質が堪能出来ることでしょう。

さらに、AVALON-LS金が後方のセットされることで、サウンドステージの袖までがしっかり描かれます。

バックのオケがボケずに、伴奏の質の素晴らしさを教えてくれます。

胸が透くサウンドはさらに洗練されました。 曲が始まる僅かな瞬間の緊張感も楽しめます。

アーティストも録音エンジニアも僅かに良い緊張をする瞬間を、味わうことが出来ます。

それは、リスナーも現場にいる人々と呼吸を同じにすることが出来ることと同じ意味を持ちます。

AVALON-LS金を前方にセットし、AVALON-LS銀を後方へセットしますと、ボーカルは引き締まり、演奏者の精神が集中された感覚が伝わってくるようです。 バックの伴奏は、僅かにマイルドになり、ボーカルが浮き上がってきます。

カメラ撮影ではバックをぼかして、主題を浮き立たせるテクニックがありますが、荒れに近い感じでしょうか?

カメラ撮影ほど、バックをぼかしてしまいますと演奏になりませんので、微妙にマイルドになると言った方が適切でしょう。

ディスクによって、AVALON-LS金とAVALON-LS銀の前後を入れ替えることで、音楽再生の色彩変化や情景変化などを楽しんでいけるのではないでしょうか。

また、音楽を楽しむ時間が長くなり、心が癒されてることになることは間違いありません。

こぼれて聴こえてくる音の良さのレベルも格段に改善されてしまいました。

このブログを書いている間も、天国的なサウンドに包まれております。

 

 

 

2011年02月06日

AVALON-LSその42 金と金と金と銀と・・・パワーアップシール

Category: 製品紹介

 

                今回のテストに使用しているCDは以下の通りです。

 

 

カレーラスのCDはラミレス ミサ・クリオ-ロ PHILIPS420  955-2からトラック1と6。

サラ・ブライトマンはTIME  SAY GOOD BAY  CDC 7243 5 56511  2 9 輸入盤からトラック1、3、7を使用しています。

 

カレーレスのCDは何度も試聴しており、馴染みのCDです。そして、サラ・ブライトマンは購入してかなりの年数が経ていました。購入してしばらく封印していたCDです。

カレーラスは馴染んでいるために、ある意味では新鮮味に欠けるかもしれませんが、これまでとの違いを確認するには良いディスクです。

サラ・ブライトマンは彼女の声が納得出来ない再生レベルの時代であったので、何時の日か納得出来る再生が出来るようになるまでは封印をしていました。カレーラスの出来を聴いて、いよいよ長年の封印を解くことにしました。

今回、AVALON-LS金を2台がスピーカーのセンターの前後に設置し、その上に、AVALON-LS金とAVALON-LS銀を載せます。

 

 

そして、まずはAVALON-LS金を前に、AVALON-LS銀を後ろに設置しての試聴をしてみました。 

まず声の輪郭ははっきりとして、カレーラスの声質にはこの組み合わせは悪くないと感じられます。 バックコーラスが微妙に甘い感じがありますが、これでもかなり高次元な再生であることは間違いないでしょう。

次にサラ・ブライトマンですが、この組み合わせですと女性の声が少し硬い印象がありました。

そこで、前後を反対にしてAVALON-LS銀を前に、AVALON-LS金を後ろにしてみました。

 

 

 

この状態ですとサラ・ブライトマンの声は柔らかくなり、彼女の味を感じますが、アルミボディの共振が起きているようで、高音域に荒れが出てしまいました。

ボリューム位置は9時ぐらいですが、かなり大音量になります。

アシスタントの妻は、この高周波の荒れに「疲れる」と言いだしました。

かなりのエネルギーにより、AVALON-LS銀はボディを揺さぶられていることが分かります。長所もありますが、この欠点を補う必要が出て来ました。

そこで、登場するのが奇跡的効果を生むパワーアップシールです。 これをAVALON-LS銀の側面に貼ってみることにしました。

2011年02月05日

AVALON-LSその41 金と金と金と銀と・・・

Category: 製品紹介

 

AVALON-LSによる音質改善には、探求の余地がまだありそうです。

先日の金と銀とのテストを終えて、さらに探求心がくすぐられてしまいました。

そこで、今日は、金と金と金と銀という組み合わせでテストをしてみました。

 

前後の下は金、そして、重ね合わせる上部に金と銀を使います。

そして、マッピンゴ・ディスク、M3Aプレート大+パワーアップシールの組み合わせも行います。

 

前回のテストで銀の可能性を感じ、そして、僅かに未熟なところも感じていたのですが、

まず、スピーカー前方に金と金の組み合わせ、で後方は金だけで行いました。

 

輪郭がしっかりした音質です。 これは銀との違いは大きいですね。しかし、やはり以下の組み合わせをしないと、音楽的僅かに不満が残ります。

 

 

 

この組み合わせは素晴らしい音楽を堪能させてくれました。ホセ・カレーラスの声を聴いていたのですが、これは胸が透くようなサウンドになりました。気持ち良いですね!!!

しかし、バックが少し足りないので次には銀をバックに配置してみました。

 

 

 

こうなると豊かなバックに支えられたカレーラスの歌が、さらに心に沁み入ってきますね。

何とも嬉しい時間を味わうことが可能になりました。リスニングルームの空気がまるで違ってきました。

これは凄いことになってしまいました! しかし、これだけではまだテストは終わりません・・

2011年02月04日

FAZIOLIフロアボードについて

Category: 製品紹介

 

ライフサウンドにおいて、隠れた立役者であるFAZIOLフロアボード。

http://www.lifesound.co.jp/fazioli

これまでの既存のボードとは異なり、オーディオ再生の基礎を作ってくれる優れ物です。

生楽器演奏にも耐えられる優れた製品です。

その為に発売当時は飛ぶように売れておりました。

 

しかしながら、ここ2年間程、素材の入手が大変困難となり、ユーザーの皆様にはご迷惑をおかけしていました。

また、ある時期は、折角、御注文を頂いたのに御断りしなければならない時期もございました。

そこで何とか素材の入手に関して手を尽くしておりました。

するとライフサウンドも歩けば棒に当たることが起きてきました。

これが実現すると、今後は安定供給をさせて頂けるようになると思います。

また、詳細がはっきり致しましたら、御報告させていただきます。

 

 

2011年02月03日

AVALON-LSその40 金と銀と・・・

Category: 製品紹介

 

昨日は、岐阜のIさんの御訪問を頂きました。

そこで、AVALON-LS 金と銀のコンビの再生について、御試聴を頂きました。

 

 

 

使用方法は以下の様に行います。

 

 

AVALON-LS銀をAVALON -LS金に重ね合わせますが、AVALON-LS銀は逆さまにしてセットします。

この状態にして試聴してみますと、AVALON -LS金だけですと、ソリッドなサウンドに聴こえます。この状態ですと、ふくよかな立体感が増した感じになります。

しかしながら、音の輪郭が僅かに甘い感じが致します。

この辺りが趣味の世界となってくるところです。

Iさんにおかれましては、御不満なところもおありなようで、そこで、あれこれテストをしてみることになりました。

最初は、重ね合わせた状態にM3Aプレート大を置いてみました。

すると輪郭ははっきりしてきて、Iさんのお好み方向へ傾斜していきました。

そして、M3Aプレート大にパワーアップシールを貼ってみると、微妙に抑えつけられた感じが

してきました。

 

            そこで、次に下のようにマッピンゴ・ディスクを乗せてみました。

 

すると、これは当たりでした。音楽的情緒感がさらにましながら、ナチュラルで切れ味も良くなり、

臨在感がさらに改善されてしまいました。

 

              こうなってくると次には以下の様なテストしてみることにしました。

 

そうですねマッピンゴ・ディスクとの最強の組み合わせであるM3Aプレート大とパワーアップシールです。

こうなりますとバックコーラスが出る前に息を吸う音が、より鮮明に聴こえ、音量が上がったようにもなって参りました。

音楽的満足感はベストの状態となったようです。

 

但し、現在、ライフサウンドにおいてもAVALON-LS銀が1台しかないので、AVALON-LS金2個体制に完全に対応は出来ていません。

AVALON-LS銀をスピーカーセンター前後に設置しているAVALON-LS金に、同時に乗せることは出来ません。

後方のAVALON-LS金に乗せるとステージのバックがしっかりしてきますが、やや平面的です。

前方のAVALON-LS金に乗せると音は前にしっかり出て来て、ボーカルなどはその音が掴めそうになりますが、バックが僅かに希薄に感じます。

 

こうなってしまいますと、いよいよAVALON-LS銀も2台体制にしていかないと完全な満足は得られないことになります。

何とも贅沢な話ですが、音楽再生とは贅沢な趣味であるので仕方ないですね。

何故なら、アーティスト達や録音エンジニアが心血を注いで、アルバムが出来るのですし、

クオリティーの高い録音になればなるほど、再生側に対しての要求が厳しくなりますから。

 

2011年02月01日

AVALON-LSその39 2台目

Category: お客様の声

 

新宿のFさんから以下の御注文を頂きました。

そして、1台目のAVALON-LSについての御感想も頂きました。

 

                 ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★

 

AVALON-LS(2台目)とM3A-GXを各1台注文いたします。

AVALON-LSは、解像度が増す方向というより、存在感がすごく増し、置く位置をちょっと変えただけで音場が劇的に変わります。
当初、AVALON-LSを両スピーカと正三角形を作る位置に置いたのですが、以前より紗が掛ったような遠い音になってしまい、おかしいなと思い、ふと気が付いて、ぐっと手前(リスニングポイントのすぐ近く、もはや足元という感じ)に置いたところ、音がグイーンと伸びて、素晴らしい存在感になりました。

2台目は、ラックの後ろに置こうと思っています。
また、M3A-GXはスピーカセンターのちょっと前に置くつもりです。
つまり、リスニングポイントから、AVALON-LS → M3A-GX → AVALON-LS という順です。
AVALON-LSをスピーカセンターに置いてしまうと、リスニングポイントまで音が飛んでこないと思われますので、そこはM3A-GXに固めてもらって、AVALON-LSは、前後に置くのがよいと思っているのですが、どうでしょうか。

ちなみに、健康効果の方は、ブログご登場された方のような劇的なものはありま
せんが、じわじわきているような気がします。

 

 


昨日までは、二段ラックの上段CDプレーヤーの後ろにレギュレーターを置き、
AVALON-LSをラック後ろの床に置いていたので、これを縦に重ねてみることにしました。
場所は、レギュレーターを置いていた二段ラックの上段CDプレーヤーの後ろです。
すると、重ねた効果に加え、AVALON-LSの位置が上がったことで(丁度ウーハーの高さ)、
ステージ上の音の厚みがぐんと増しました。

ただし、音の厚みは増したのですが、どうもモコモコするので、レギュレータの上に
置いていたM3A-Xをはずして、それをCDプレーヤーの前に置いていたエボニーパッドの上に移しました。
すると、これがビンゴ。とてもクリアな音に一変しました。
しばらくはこれで聴いてみようと思います。

昨日までは、二段ラックの上段CDプレーヤーの後ろにレギュレーターを置き、

 

AVALON-LSをラック後ろの床に置いていたので、これを縦に重ねてみることにしました。

 

場所は、レギュレーターを置いていた二段ラックの上段CDプレーヤーの後ろです。

 

すると、重ねた効果に加え、AVALON-LSの位置が上がったことで(丁度ウーハーの高さ)、

 

ステージ上の音の厚みがぐんと増しました。

 

 

ただし、音の厚みは増したのですが、どうもモコモコするので、レギュレータの上に

 

置いていたM3A-Xをはずして、それをCDプレーヤーの前に置いていたエボニーパッドの上に移しました。

 

すると、これがビンゴ。とてもクリアな音に一変しました。

 

しばらくはこれで聴いてみようと思います。

 

                       ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★

 

そして、2台目を納品させて頂いての御感想も頂きました。

 

                       ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★


早速試してみました。
リスニングポイント近くに置いてあるAVALON-LSを、オットマン(足置き)の上に載せてみました(写真ご参照)。

早速試してみました。

 

リスニングポイント近くに置いてあるAVALON-LSを、オットマン(足置き)の上に載せてみました(写真ご参照)。

 

 

 

 

もちろん、もう一台のAVALON-LSを設置してある二段ラックの上段よりも全然低いですし、オットマンの素材も金属パイプとメッシュの繊維なので、環境は良くないですが、しかし、これでも効果はありました。音の透明度が増しました。


ちなみに、残りの2枚の写真は、正面の窓ガラスに張ってあるグッズの数々を見てもらうためです。結局、現在はマイナスイオンディスクを中心に、M3A-G、マッピンゴがぞれぞれ2枚ずつ上下対称に貼られています。

 

2011年01月26日

AVALON-LSその38 金と銀

 

音楽再生において、電気回路技術の進歩やデジタル関係パーツの進歩で、CD再生においてもアナログ再生的な要素を感じられるような時代に入りつつあると思います。

しかしながら、その状態だけでは、やはりデジタル的再生と判ってしまうようです。

デジタル的再生の何が問題であるのかと言うと、音楽に感動することが出来ないとは言えないかもしれませんが、どうも、感動が薄いということがあります。

最近は便利なもので、ネットから好きな曲だけを選曲できる時代です。

便利なものです。しかし、音楽再生においては、ディスクがあった方が、面白いことが出来ます。

CDに対して様々な加工を行うことで、リアルなアーティストが臨在してくれるような再生が可能になります。

そのために必要な条件としてはAVALON-LSの金と銀の存在を使用して頂くことです。

それ以外にもM3A-XやM3A-GXの存在も必須であると思います。

 

 

 

 

 

 

 

上はAVALON-LS 金と銀の合体使用です。何とも奇妙な光景かもしれませんが、音楽再生に与える影響は、大変魅力的なものです。 

この合体方法での再生は、豊かで空間的広がりがさらにアップし、臨在するエネルギーが大変なものになります。

お陰様で、テストの繰り返しをしているのですが、気がつくと午前1時とか午前2時になってしまいます。

 

 

 

AVALON-LS シルバーは、AVALON-LSゴールドを見事に支える「相棒」です。

サイズはAVALON-LSゴールドと全く同じです。重量は450グラムと軽くなっています。

価格は70,000円です。

 

 

 

2011年01月22日

AVALON-LSその37 金と銀

Category: 製品紹介

 

先日、AVALON-LSのお出かけタイプと書いたのですが、これは音響にも優れております。

すでに御紹介しているAVALON-LSを金色タイプとすると、こちらは銀色タイプになります。

ボディ素材はアルミの削り出しです。

早速、完成した銀色タイプでテストをしておりました。LSと冠するものは最高位に位置することを示していますので、それなりの性能が要求されます。試作段階で研究所の方でもテストを繰り返したもののLSの名を付けるには今一つがあったようです。

今回の銀色タイプは単独でも健康面での使用はOKです。音的には金色タイプより軽いので、ライト感覚で楽しむ方には良いかと思います。

しかし、これを金色タイプと組み合わせて使用すると・・・・・・・・・

異次元感覚の再生が、そこに現れてしまいます。

宇宙は音で構成されていると言っても過言ではないでしょう。波長の世界であるということですね。この波長が奏でる世界に生きている我々も固有の波長をもっています。

その波長がより視覚的に表現することが、金色と銀色のAVALON-LSの組み合わせで実現することになりました。

 

組み合わせテストをしていた日に、すでに金色AVALON-LS をご使用になられている方が御来店されました。

 

「軽量化できない?」とのお話を頂いていたので、お披露をさせて頂きました。

そして、風の如く、お持ち帰りになれました。

そこで組み合わせ状態の画像を取り損ねてしまいました。(汗)

 

明日、以降に御紹介出来るかなと思っております。

AVALON-LSにより、音楽再生の世界に、また新しい次元が生まれたようです。

価格は70,000円と少しお安くなっております。

重量は450グラムで大きさは金色AVALON-LSと同じです。

 

 

 

2011年01月19日

気がつくと

Category: 店主の独り言

 

1月7日にブログの更新をしてから、気がつくと1月19日になっていました。

あれやらこれやらとテストをしたり、お客様をお迎えしたりと忙しい日々を過ごしていました。

最近、RCAケーブルに新しい工夫をしてみました。以前よりアイディアはあったのですが。

最上級のTHOTH-M3Wssに少し工夫をしてみました。

高域情報をさらに引き出せるのではということで。

店主の感想としては成功していると思います。

 

また、AVALON-LSですが、最高峰の素材と工程を経て生まれています。

LSとついておりますが、これは製品として最高位にあることも意味しています。

当然、ライフサウンドという意味でもあります。しかし、これは別格な製品と言う意味です。

 

お陰様で、オーディオを愛する方のみならず、女性からも人気があり、御愛用して頂いております。

また、御両親様へのプレゼントとして考えておられる方も出て参りました。

さらに、外出される時も、常に持ち歩いているという方もおられます。

そこで、ご要望を頂いているのが「軽量化」。

音質的には現在のボディが最高であるのですが、お出かけになると、ちょっと重いとのこと。

そこで、ボディを変えて、お出かけ用AVALON-LSを製作してみようと思っております。

重量は、約3分の1強になると思います。

価格も僅かですがお安く御提供出来ると思います。

 

 

2011年01月07日

新年明けましておめでとうございます。

 

新年明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。

厳しい経済環境の中、ライフサウンドも何とか2011年の新年を迎えることが出来ました。

これもユーザーの皆様のお陰であり、心から感謝申し上げます。

本年も少しでもオーディオによる音楽再生の質の向上を目指して行きたいと思います。

昨年は真空管やM3A-X、M3A-GX、AVALON-LSが大ヒットでした。

さらにMinMaxのDAコンバーターも新しい世界を提供してくれました。

 

店主も毎日AVALON-LS効果のテストを繰り返しておりますが、御購入頂いたユーザーの皆様から、様々な御感想を頂いております。

最近はネットから音源を購入されている方も多いのですが、CDを加工することによって得られる情報は大変魅力的です。

御自宅でリアルな音楽再生が可能になることで、これまでのCDによる再生を見直して下さる方が増えております。

デジタル時代ですが、アナログ的技術がまだまだ必要なことを思い知らされます。

デジタル時代になって情報の量は多くなってきたのですが、情報の質に関しては、まだまだ改善する余地が残されているようで、ライフサウンドの働く場所も残されているようです。

 

今年はケーブルなどにも、さらに一工夫してみたいとも考えております。

どこまで成長出来るのか分かりませんが、「やれることは何でもやってみよう!」という

精神で臨んでいきたいと思います。

 

本年もよろしくお願いします。

 

店主

  • facebook
  • Twitter Round
  • googleplus
  • flickr

@2016 lifesound - ライフサウンド 東京都品川区上大崎 1-5-50 tel. 03-3440-5724 / fax 03-5791-7477