2011年06月22日

SPEC RSA-F1&VI

 

 

久しぶりに新製品の試聴を行いました。

SPECさんRSA-F1とVIを持ちこまれました。http://www.spec-corp.co.jp/index.html

真空管の音に慣れてしまっている店主の耳に、最新のソリッドステートのアンプの音はどのように聴こえるのでしょうか。

 

 

                    最初はフラッグシップのRSA-F1から。

ゆったりとした音調の様に感じます。密度がありますね。低音はどっしりとしています。真面目に製作された真面目なサウンドがしていますね。

価格は税込1,239,000円だそうです。

足元にはメープルなどを使用してボディ振動をコントロールして音楽的響きに変換するようにされているそうです。

この点はライフサウンド的にはOKですね。

最初はフロアボードに直置きで最初の印象が先に呟いた通りです。

この状態ですとライフサウンド的評価として問題点も気になりました。

音抜けやボディの素材の音やコンデンサーを包む素材の音など・・・・・・

そこで足回りにLSエボニーパッドを入れてみました。

すると音の締りが良くなり、音抜けが改善されました。

さらに天板にもLSエボニーパッドを。

アルミボディの音が気になっていたのですが、これも改善されました。

低音の抜けはソリッドステートのアンプとしては優秀であると思います。

後は細かい点をチューニングしたらどうなのかなと言う点ですね。

そして、次にV1を試聴させていただきました。

それは次回に呟いてみます。

 

 

 

 

 

2011年06月18日

AVALON LS その55

 

AVALON-LSについて掲載してから、今回で55回目となりました。

気がつけば55回もAVALON-LSについて書き込んだり、お客様からのお声を掲載させて頂けるとは当初の予想に大きく反しておりますが、嬉しいことです。

最近は「My AVALON」と言っていただき、御家族にお一人々に1台AVALON-LSをと

言って頂けることも増えて参りました。

昨晩も、奥様用にと御夫妻でAVALON-LSを御購入にご来店頂きました。

 

また、先日、90歳になられるお母様がおられるユーザー様のお宅にお邪魔しました。

味覚が感知出来ないと言われていたので、「枕元にAVALON-LSを置いてみては」と御提案させて頂きました。

それが、5月3日。

そして1ヵ月ほどすると、「味が分かる!」とお母様が言われたそうなのです。

そこで、お邪魔して御挨拶をさせていただけることになりました。

身長は150センチ前後のお母様ですが、90歳とは思えない、元気なお声でお話をして下さいました。

医療機器ではありませんが、お役に立て嬉しいことでした。

 

音楽再生のために生まれたAVALON-LSですが、このような形でもお役に立てて光栄なことでした。

2011年06月15日

AVALON-LSその54

Category: お客様の声

 

発売以来、大好評を頂いておりますAVALON-LSですが、皆様のお役に立てているようで有難いと感じている毎日を送っております。

「実験」で御登場頂いた北海道のNさんからAVALON-LSやM3A-Xについての御感想を頂きますたのでご紹介させていただきます。

AVALON-LSは21世紀型音響装置でありますが、それ以外に健康面にも貢献出来るものですが、今回は、純粋にオーディオ再生においての御感想を頂いております。

 

               ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★

 

こんばんわNです。
AVALLON-LSが我が家にやってきたから、早くも1ヶ月近くが経ちました。
この1ヶ月、時間を探してはセッティングをしていましたが、最近やっとセッ
ティングが決まってきました。ちなみに、セッティングは、 AVALLON-LSが1つ、
M3A-Xが3つで行っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


まず、現在の全体像はこんな感じで配置しています。

 


AVALLON-LSをセンター前方に配置しています。

やはりセットするならスピーカーの前方が今のところ良い感じです。

 

 

AVALLON-LSの良いところは、かなり大雑把なセッティングでも効果が絶大だというところでしょう。(笑)
実際にセッティングがバッチリ決まると効果は全然違うモノになるのですが、大雑把にセットするだけで、自分の趣向にあった場所は簡単に決まりまし た。
M3A-Xを最初に購入したときには、設置場所がなかなか決まらずに悩んだので、
AVALLON-LSは初心者から玄人までカバーする製品と言え るでしょう。

ただ・・・何処に置いても良い音で鳴ってしまうので、この場所にもAVALLON-LSが
欲しいと思ってしまうのが欠点でしょうか? (お財布的な意味で)後々、手持
ちのAVALLON-LSが増えているのが目に浮かびます(笑)

次に、M3A-Xですが、いろいろ試した結果、スピーカー後方の壁と天井への設置
が私の環境ではベストな効果を発揮してくれるようです。
先程、設置が難しいと文句を言ってしまいましたが、このM3A-XがAVALLON-LSの
効果を引き立てる、縁の下の力持ち的存在だということ を思い知らされました。

スピーカー後方の壁の設置ポイントですが、スピーカー後部の先端部分(TDシ
リーズの後部の尖った部分)とスピーカーユニットの中心とを結んだ直 線上に
有る壁のポイントをを0ポイントとした場合、M3A-Xを0ポイントより10センチほ
ど上、スピカーの真後ろよりも少し外側に振って設置す るのがコツな気がしま
す。

0ポイントに設置しても、音は良くなりますが、少しポイントを上に上げると縦
方向に音が伸びます。高さのある音というのでしょうか?シンバルや、 トライ
アングルなんかの音が気持ちよく響き、後味良く減衰していきます。そして、外
側に少しずらすとこで横への音が伸びていきます。演奏している ステージがい
きなり広くなった感じで、音が外側から回り込んでくる気がします。フルオーケ
ストラなんかを聴いたときに一番実感しました。
これは私の部屋の場合なので、別の環境では当て嵌まらないかもしれません
が・・・。

さて、最後に残ったM3A-X1個は天井に設置しました。設置場所はAVALLON-LSの
真上の天井です。
効果を言葉にするのは、私としては難しいのですが、感覚としては、音の篭もり
(モヤッと感)が綺麗に無くなる感じです。

天井に付ける前も篭もって なんていなかったんですけどね。
設置してから聞くと、生々しい感じが増しました。

 


っと、なんか長々と書いてしまいましたが、現状手持ちの武器は最大限に活かせ
ている気がしています。こういう実感が出来たとき、好きな音楽がもっ と好き
になるのを感じます。
でわ、今回はこのへんで失礼します。

 

 

2011年06月14日

実験

Category: お客様の声

 

北海道のNさんが、御自身でライフサウンド的チューニングに挑戦されました。

チューニングの様子を御連絡くださいました。

 

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★

 

こんばんわ。Nです。

前回、お聞きしたDACのチューンニングなのですが、ライフサウンドさんにお願いする前
に、自前で色々と実験をしたりしている、今日この頃です。
ブログに掲載されていたUさんのDDCの件にも、刺激されました。

最初に、M3Aプレート小をDACのケースを開けて、RCA端子の裏側に1枚ずつ貼って
みました。
音の勢いが良くなって、張りのある音になりました。響きも貼る前よりも数段上
で、音が広がるようになり、効果絶大でした。
まあ、私では、基盤やチップをチューンできないので、内部に出来ることはこの
位でしたが・・・。
次に、注目したのは本体に付いていたゴム足です。

 

 

 

店主の独り言のブログでも、ゴム足が悪さをする事があると書いてあったのを思い出し、外

してみました。そして、まずはフロアボードに直置きで視聴した とこ

ろ、ゴム足が付いていた時には出なかった澄んだ音が出るようになり、驚きまし
た。次に、エボニーパッドを三点支持で設置してみると、更に余計 な音が消え
て、いままで以上に良音に!

 

 

しかし、何となく音が淡泊な感じがします。他に出来る工夫はと思い、参考になる情報を求めて「店主の独り言」を眺めていると、TDシリーズのスタ ンドの記事が気になりました。
スピーカーネックがアルミで有ることから、独特の鳴りをするという内容でした。
私のDACもケースが全てアルミなので、同じような事が当てはまるのでは?と思
い、エボニーパッドと本体の間に10円玉を1枚ずつ挟んでみると、 高音の響きが
とても良く、音に高さの奥行きが感じられるようになりました。

しかし、しばらく聴いていると、響き過ぎて高音で耳が疲れてきました。 スタンドの10円
チューンの時のように、銅の量が多すぎたのでしょう。
しかし、スタンドとは違い三点支持でDACを支えているので、減らし様がありま
せん。
そこで、作りました。

 

 


 

 

1㎜厚の銅板を加工してゴム足が収まっていた部分に丁度収まる様にした銅板を8
枚作り、装着。
10円玉×3枚と、作った銅板8枚で、量的には約2:1です。
しかし、8枚装着して視聴すると、音がもっさりしてしまいました。
とりあえず、枚数と装着する位置を色々と試していき、最終的には以下の様に
セットすると、好みの音になりました。

 

 

どうやら、エボニーパッドに接する位置に装着していると、良い効果が得られるようです。
今回外した位置も、パワーアップシールを貼るなどすると、現状よりも良い音になるのでは?と考えたりしています。

2011年06月09日

D3ⅡへのLSチューニング

Category: ライフサウンドチューニング

 

佐賀のIさんからTD508Ⅱ用のスピーカースタンドD3ⅡへのLSチューニングの効果について、御報告頂きました。

http://www.eclipse-td.com/products/d3ii/index.html

*Iさん御所有のTD508ⅡにはすでにLSチューニングが施されております。

 

 

               ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★

 

スタンドのチューニング終わりました。


Life soundのロゴプレート(以下、LSプレート)のチューニングはすばらしいで
す。

音がさらに明確に、明るくなりました。値段の比率から言えば、今までで一番コスト
パフォーマンスの高いチューニングのような気がします。

パワーアップシール(以下、シール)も同じ方向で、更なる明確さと明るさをもたらしてくれました。

そして、以前購入していたシールを、LSプレートの反対側、ちょうど、ベースプレートを三角おにぎりと例えれば、その頂点の部分に張ると、低音の響きが改善されたように感じます。

お試しいただければ幸いです。

  • facebook
  • Twitter Round
  • googleplus
  • flickr

@2016 lifesound - ライフサウンド 東京都品川区上大崎 1-5-50 tel. 03-3440-5724 / fax 03-5791-7477