2013年07月10日

大黒天のご感想

大黒天を導入された杉並のDさんからご感想を頂きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

                                                   ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★

 

お久しぶりです。大黒天を購入して以来半年ほど経ちましたが、何もご報告しておりませんでしたので、私のつたない感想などお聞きください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                                                   ☝ TD508LSと大黒天(右)

大黒天さんにはいくつかある(生意気にも)オーディオシステムにお座りいただいています。写真に写っているのは、PCに接続してあるTU-H80というエレキットの小さな真空管アンプのキット(フロントパネルは交換してあります)に鎮座していただいているものです。PCのUSBからDenDACというヘッドホンアンプ---オルトフォンの昇圧トランス(多分STA6600ってやつ。音が小さすぎたので祖父が使っていたトランスを引っ張り出してきました)---TU-H80---TD508とつながっています。

問題はPCの音源ですが、何の工夫もしていないiTunesの圧縮音源。圧縮しない方が音がよいとか聞きますが、容量食いますからね。お気に入りの手持ちCDは全部ぶちこんであります。

で、音なんですが、私には不満はありません。確かに同じ部屋にAh! Njoe Tjoeb 4000---真空管アンプ---ロジャースのLS3/5aとつないだシステムがあり、比べるとそちらの方が音が良いかとも思いますが(何だかんだ結構金がかかってますからね)、PC用は何といってもiTunesとつないであるので便利。連続再生可ですから。

問題は目の前のPC用スクリーン上の棚にスピーカーが置いてあるので、目の前(正確には額の前ですか)で歌っているように聞こえる場合もあるのでいささか邪魔になることがあること、そしてより大きくてお金もかかっているシステムで音楽を聴かなくなっちゃったことぐらいでしょうか。

正確に大黒天さんの来る前と来た後を比べているのではありませんので何とも言えないのですが(ちょうどアンプとか購入したときに設置しました)、金色のお姿も神々しく、結構気に入ってます。何たって私のご先祖様、大国主命様ですから!

板倉様や、お客様のメインであろうオーディオ・マニアの方々の参考にはならないかもしれませんが、とりあえず感想まで。

  

                                       それではまた

 

2013年06月24日

ATOLL SACD200へのLSチューニング

新宿のFさんよりATOLL SACD200へのLSチューニングをご依頼いただきました。
内部チューニングが全て終わり試聴を開始しました。
ノーマル状態と比較すると余韻が豊かに響きます。さらに楽音の一つ一つが明瞭で切れ味が良くなりますね。


さらにM3Aプレートを追加していきます。
天板、裏板、底板と。

次第に楽音が力強くなり、押し出し良い感じでリアルですね。
特に天板と裏板は顕著です。
底板にはると全体が落ち着いてきます。

トライアングルの音は最初はリアルになっていますが、スピーカー付近で鳴っているように聞こえますが、M3Aプレートを張り出しますと、音が飛んで来るようになります。
またバイオリンの弓の動きが見えるようですね。
さらに管楽器のフィンガリングが見えてきそうに感じます。

こうなってくるとオーディオ機器による再生というよりはライブで目の前で聴いているようで、なんとも楽しい時間を
過ごせるようになりますね。

あとはLSゴールドプレートを貼るだけです。

 

 

2013年05月17日

TD510LSチューニングのご感想

Category: お客様の声

 

先に掲載しましたTD510LSチューニングのオーナーであるSさんからご感想をいただきました。

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★

 

先ほどスピーカーが届き、現在聴いています。

一発目の音で良くなったのが分かりました

 

クリアにもなっているし、疲れない気もします

 

TD510zMK2を聴いて悔しいと思ったのですが、その気持ちもなくなりました

 

ここがイマイチだったなーというところが改善されていて、満足しております。

これから鳴らしてみて、さらに良くなっていくのが楽しみです。

2013年05月16日

TD510LSチューニング

今回、TD510へのLSチューニングのご依頼をいただきました。

大切にされていることが良くわかる感じでした。

ノーマル状態で音出しをしてみると、音がモヤつく感じが否めません。

優秀なスピーカーであることは間違いないのですが・・・・

 

                         ☝テスト中のTD510

そこでLSチューニングを行いました。

すると、効率よく音が生み出されていることがわかります。

表情が明るくなり、音のモヤつきは消えました。

爽やかに音楽が再生されました。

TD510も新シリーズになりましたが、前モデルも優秀なスピーカーであることは間違いありません。

それを再確認させられました。

 

2013年05月15日

ちょっとした驚き

Category: 製品紹介

 

最近、ATOLL IN50SEのブラックのご注文をいただきました。

特注品なので納期は1ヶ月半ぐらい必要になります。

昨日、チューニングを完了してテストをしてみました。

するとシルバーのフロントパネルのIN50SEより、音が濃いのです。

ブラックと比較するとシルバーはあっさり系に感じてしまいました。

ヨーロッパブランドの製品で良心的なメーカーは改善をしていても大きな声で言われません。

静かにバージョンアップをしていても価格に反映させることはありません。

そんなこともあったのでしょうか、豊かで濃いサウンドに堪能してしまいました。

たまたま当たりを引いたのではという声もありましたが、どうも色からくる影響という

感じが経験上してなりませんでした。

ATOLLの性格がさらに楽しくなってきた事件でした。

 

2013年05月12日

門あさ美TWIN VERY BEST COLLECTION

Category: お奨めのCD・DVD

 

 

http://www.amazon.co.jp/%E9%96%80%E3%81%82%E3%81%95%E7%BE%8E-TWIN-VERY-BEST-COLLECTION/dp/B00006RTJJ/ref=pd_sim_m_4

門あさ美という女性ヴォーカルをご存知でしょうか?店主は学生時代によく聞いておりました。

当時噂で聞いていたのは、ステージは嫌でスタジオ録りだけされるということでした。それが本当なのか今でもわかりませんが・・

またレコードの針を開発する時に彼女のアルバムをリファレンスにしていました。

透明感と張りがありながら女性的な彼女の声はなかなか魅力的でした。

そして、CDになってしまうと、その魅力が再生できるのかと不安になっておりましたが、ATOLLCD100se2&ATOLL IN200の組み合わせて試聴してみました。

するとアナログ時代のような音の出を得ることが出来たのです。これにはびっくりでした。

あの時代に若い人たちが憧れたような生活スタイルを内包した彼女の歌が蘇りました。

店主も20代に戻ったような軽やかな気持ちになりました。

 

お願い

ATOLLは、急激な円安で価格改定になりましたが、当HPではまだ価格改定作業が遅れております。価格は4月1日より改定されております。近いうちに当HPも価格の変更を行います。

それまでは輸入代理店HPの価格をご参照ください。

http://www.atoll-electronique.jp/players.html

 

 

 

2013年03月13日

ご予約のお願い

最近、お問い合わせを突然いただくことが多くなりました。ライフサウンドは予約制で行っております。

その理由は、店が小さいからです。そして、試聴を落ち着いて行って頂きたいと考えているからです。

お客様にしっかり試聴していただき製品を選んで頂きたいと願っているからです。

また、最近はご予約いただくことが多く、来週まで埋まってしまっている時間帯があります。

 

是非、メールにてご予約をお願い致します。

 

店主

  • facebook
  • Twitter Round
  • googleplus
  • flickr

@2016 lifesound - ライフサウンド 東京都品川区上大崎 1-5-50 tel. 03-3440-5724 / fax 03-5791-7477