• lifesound

なかなか厳しいです!

1mあたり千円ぐらいのスピーカーケーブルを作ろうと思って悪戦苦闘していました。

本日、かなり納得できるレベルに仕上がりました。

しかし、作業時間(端子付近のチューニング)や材料費を計算するととても1mあたり千円という価格は量産メーカーではないライフサウンドでは不可能と言うことが分かりました。

全てハンドメイドになるので、量産は不可能でとても、とても厳しいですね。(-_-;)

再生音はかなり良い線になっているのこともあり、1mあたり税別3千円なってしまいます。

またケーブルの長さは1.5mから3mぐらいまでとなります。それ以上は製作が厳しいので

難しいです。

現在スチューデントSPケーブルと比較しても最新のチューニングをしているので音質的にな劣るものではありません。



71回の閲覧

最新記事

すべて表示

21世紀の音楽再生の扉

かなり重たいです。簡単には扉は開きません。周辺機器の整備をしないとスタート出来ないようです。 中古を入れてみたのですが必要な接続が出来ず返品。 音楽再生の神様からしたら、「それだけのことをするのに、中古で安く済ませようという態度は怪しからん!」ということのようです。 ということで昨晩は接続不良のため、問題が解決するかとライフサウンド蕨研究所の所長のMさんとあれこれテストを繰り返しましたが、問題は解

令和時代の再生に向けて

最近の新しいケーブル、ダイヤモンドLSエボニーパッドそして、cosmicチューニングの誕生は、何を意味しているのかを考えていました。 もともとライフサウンドはCD再生でアナログレコード再生に負けない再生をしたいというテーマがありました。 最初は無駄なことをしていると知人のディープなアナログファンから言われました。 しかし、突き進んで行くうちに単に情報量が多ければ良いと言うことだけではなく、その周辺

  • facebook
  • Twitter Round
  • googleplus
  • flickr

@2016 lifesound - ライフサウンド 東京都品川区上大崎 1-5-50 tel. 03-3440-5724 / fax 03-5791-7477