• lifesound

またまた辛抱たまらんです!!!


昨日のチューニングで敢えてチューニングを控えたところがあります。

それはトランスの左側チャンネルの出力に結び付く線です。

昨晩から鳴らして8時間が経過した段階で右チャンネルと左チャンネルのボリュームの差が

10体1ぐらいの違いになっていました。これだけの差が出てしまうとは!

これは大変ということで左チャンネル側もチューニングすると、左右で同じバランスになりました。

チューニング効果の凄さを改めて教えられました。


この事実を知っていると、高額機器でもノーマルであれば、それだけの価値が感じられないことになるのでしょうね。

同じ時間を過ごすなら、このチューニングされた状態で楽しみたいものですね。

神秘な感じがより楽しめます。

この神秘感と言うのは奥行きや高さ方向がより再現されることで、再生されるサウンドステージにリスナーが引き込まれて行くことを言っています。

その結果、過去に録音されたものが、只今、目の前で演奏されている感じになってしまうのです。

オーディオ再生の世界の深さを教えられる体験になります。




47回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

もう一つ

気づき