• lifesound

またまた辛抱たまらんです!!!


昨日のチューニングで敢えてチューニングを控えたところがあります。

それはトランスの左側チャンネルの出力に結び付く線です。

昨晩から鳴らして8時間が経過した段階で右チャンネルと左チャンネルのボリュームの差が

10体1ぐらいの違いになっていました。これだけの差が出てしまうとは!

これは大変ということで左チャンネル側もチューニングすると、左右で同じバランスになりました。

チューニング効果の凄さを改めて教えられました。


この事実を知っていると、高額機器でもノーマルであれば、それだけの価値が感じられないことになるのでしょうね。

同じ時間を過ごすなら、このチューニングされた状態で楽しみたいものですね。

神秘な感じがより楽しめます。

この神秘感と言うのは奥行きや高さ方向がより再現されることで、再生されるサウンドステージにリスナーが引き込まれて行くことを言っています。

その結果、過去に録音されたものが、只今、目の前で演奏されている感じになってしまうのです。

オーディオ再生の世界の深さを教えられる体験になります。




47回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

安全を

ここのところかなりアイディアに窮している店主です。 それは何を考えているのかということから発しています。 ライフサウンドのユーザーの皆様の傾向を考えてみると 1.音楽愛好家 2.音楽探求から真実を見たい 3.さらに自己探求の世界を大事にしたい 大きく言うと上記のようになります。 そのような方の中で特に敏感になられてきている方は、演奏される音楽を通じて演奏者側の心理の影響を受ける方が多いのです。 こ

庭の椿