• lifesound

イタリアン同士

最終更新: 1月15日

LYNXのバーンインが済んだのでイタリアン同士比較してみました。



右が20年以上前に導入したオペラ。左が最新のLYNXです。


LYNXはゴム被膜のスパイクが付属していますので背が高く見えます。

箱容量も同じようなものですが、ツィター口径が違います。オペラが28mm

でLYNXが38mm。

この違いは比較すると直ぐに分かりますね。店主どちらも好きなので良いのですが、

比較するとLYNXは高域より中域よりの感じ良く分かります。


ウーハーは共に130mmですが、同じ口径ですがLYNXの方が深い低音が出てきます。

このサイズのスピーカーとは思えない低音が出てきます。サイズを忘れさせてくれます。

当然の事ですが38㎝クラスの大きなウーハーの様ではありませんが見事なバランスを

持っているのでサイズを忘れさせてくれます。LYNXの方向性が比較すると良く分かりました。小型でありながら中型スピーカーのような存在感を狙っているのでしょう。

ですから小型だから小型なりの音と言う感じがしません。

オケを聴いてもそれなりに楽しめます。TAKE FIVEを聴いたのですがドラムの迫力は

素晴らしいものです。ベース音も良い感じ伸びてくれます。


LYNXでテストしたことで面白かったのがバスレフポートです。底面にバスレフポートの口があるので設置される面の素材の影響を受けことだろうと容易に予想していました。


そこで3つの素材を使ったテストをしてみました。

1.DYNAUDIOのスピーカースタンドの天板

2.LSエボニーパッド

3.アコーステックアンダボード・ベビー


1の場合は音像が肥大してしまい音の芯が見えません。ボワーンとした感じです。

2の場合は1よりも音像がハッキリして音の芯が出てきます。

3の場合はさらに音像がハッキリするだけでなく芯のある音であり、さらにエネルギー感が豊かになります。


テストした中では3のアコーステックアンダーボード・ベビーが一番音楽再生が面白く感じられました。





















52回の閲覧

最新記事

すべて表示

ご感想

台東区にお住いのHさんから入門用のスピーカーケーブルのご感想を頂きました。 単線構造でCOSMICを施したスピーカーケーブルですね。 ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ お世話になっております。 そして大変ご無沙汰しております。 その後仕事が非常に忙しくなってしまい、 なかなか100時間の慣らし運転が進みませんでした。 この度ようやく100時間を超えて参りましたので、

復帰しました!!

パソコン音痴な店主が滅茶苦茶なことをして、メールが出来ない、ブログが更新できない状態が続いていましたが、マイクロソフトのTさんのお蔭で何とか復帰することが出来ました。 1週間ほど前からメールを頂いていた皆様へご連絡が出来ず申し訳ありませんでした。 本日より再開致しますので、よろしくお願いします。

  • facebook
  • Twitter Round
  • googleplus
  • flickr

@2016 lifesound - ライフサウンド 東京都品川区上大崎 1-5-50 tel. 03-3440-5724 / fax 03-5791-7477