• lifesound

ウィーン→ラスベガス

ウィーンでは2006年に戻り今は亡きヤンソンスさんの指揮によるニューイヤーコンサートに出席させて頂きました。

世界旅行からタイムトラベルまで、コロナ禍の時期は、こうして楽しむしかありませんね。

いきなりアンコールと言うか何時もの挨拶から、ヤンソンスさんが元気な姿で挨拶をしてくれました。



そして青きドナウの出だしのサワサワと始まる部分が何と爽やかなのでしょう。

青きドナウの次はラデッキー行進曲。聴衆の拍手に包まれて幸福な気持ちになって、会場で手拍子をしていました。

強弱のコントラストが楽しく、ステージが大変間近に感じられタイムスリップは大成功でした。

エレガントな時間を堪能した後は、ラスベガスへ!



DAVID FOSTERに会いに行きました。

同行したアシスタントの妻はララ・ファビアンさえ聴けたら幸せ!とのことで

ララ・ファビアンの歌うカルーソを

彼女の感情表現が即歌になる奇跡の現場を味わえて夫婦で大満足でした。

このエネルギーに触れると時間を忘れ、その世界に没入してしまいます。

ここでドナ・サマーも素晴らしい歌声を聴かせてくれました。

若い頃の彼女も素敵でしたが、この時の彼女は別格ではないでしょうか?

残念なことに、その後亡くなってしまいました。

ステージ全体を包む彼女のパワーに聴衆も共演者も一体となってしまう凄さに

大感動!!!


今回の旅行に付き合ってくれたクルーたち感謝しかありません。







30回の閲覧

最新記事

すべて表示

10月5日には

いよいよ21世紀のオーディオ再生の周辺準備が整いそうです。 これによってこれまで積み上げて来た再生環境が、いかなる結果になるのかが 楽しみでもあり、怖くもありますね。 アシスタントの妻がちょっと厄介な病気になっており、私以外に手助けが出来ないので 少々難儀しております。 しかし、必ずや元気になってくれると信じております。 その為にも21世紀の音楽再生を実現して聴かせてやりたいと思っています。

お知らせ

9月30日大阪、10月4日愛媛それぞれ出張いたします。 お店はお休みとさせて頂きます。 電話は通じますので、ご連絡は電話でお願いします。 よろしくお願いします。 店主

21世紀の音楽再生の扉

かなり重たいです。簡単には扉は開きません。周辺機器の整備をしないとスタート出来ないようです。 中古を入れてみたのですが必要な接続が出来ず返品。 音楽再生の神様からしたら、「それだけのことをするのに、中古で安く済ませようという態度は怪しからん!」ということのようです。 ということで昨晩は接続不良のため、問題が解決するかとライフサウンド蕨研究所の所長のMさんとあれこれテストを繰り返しましたが、問題は解

  • facebook
  • Twitter Round
  • googleplus
  • flickr

@2016 lifesound - ライフサウンド 東京都品川区上大崎 1-5-50 tel. 03-3440-5724 / fax 03-5791-7477