• lifesound

チューニング開始


CECのTL3 3.0はシンプルなボディで包まれていますが、このボディが生まれた理由があります。

それはTL51XRより以前のボディは剛性を取り過ぎて少し音質が暗くなりました。

その経験からメーカーでは明るい音質を選ぶことにしたために、このボディ構造にしたようです。

さらに回転系が収まるシャーシを大きくして、より振動に強くすることに成功しています。

これまでの経験を踏まえて、かなり綿密に検討されて生まれたTL3 3.0ですので、チューニングの必要があるのかと思うところもあります。

しかし、ここまで煮詰めてくれているので、その先を目指したいのがライフサウンドです。


ピックアップ周辺やコンデンサー、内部配線材、端子周辺、さらに基盤やトランスの固定用ネジなどチューニング個所はあります。

メーカーがそこまでやると大変なことになるでしょうから、ライフサウンドが行います。

部品交換することなく、ライフサウンドオリジナルチューニング材を使用して。


今回も最新のCOSMICチューニングを施した結果、音の粒子がより細かくなっています。

粒立ちがハッキリしていますが、より細かく心地よく響きます。

また余韻の長さがさらに改善されてしまいます。

さらに静粛性もアップすることで音楽再生がより深みを増して、心に迫ってきます。

サウンドステージの隅々まで音の響きが伝わりスケールアップしてしまいます。

それは刀の研ぎで言えば、最終段階の研ぎのようで、美しく輝く刀身を思い起こさせるようです。波紋は肌の動きが美しく見えるようなものですね。

さらに臨在感が強くもなるので、アーティストと距離がより近く感じられるようになりますね。


素晴らしい素質を持ったTL 3 3.0だからこそ、ここまで追い込むことが出来るのですね。


凄いトランスポートです!




261回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

TN-350sono6

伊丹市にお住いのTさんから、COSMICチューニング+Hチューニングのご依頼を頂きました。そして、そのご感想も頂きました。 ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ライフサウンド 様 こんばんは。COSMICチューニング+Hチューニングを追加頂いたスチューデントデジタルケーブルの20時間ほど経過した印象です。 音の粒立ちが良く厚みも増し、低域方向の解像度が増したよう