• lifesound

ニューイヤー

皆様、明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

昨年は義姉が他界し、年賀状は控えさせて頂きました。

ご連絡が出来ない方もおられ申し訳ありませんでした。


さて、今年のニューイヤーコンサートは店主にとっては特別なコンサートとなっています。

(現在、TVを見ながら呟いております。)


観客が参加出来ない状態で、寂しいと思われる方も沢山おられると思います。


でも、それでも、この状態はコンサートのサウンドを純粋に楽しめる特別なコンサートになっていますよ!!!!


コンサートで演奏経験をされている方なら直ぐにご理解されることだと思います。


観客から応援されながら開催されるコンサートは大変楽しいですね。さらに演奏者も励まされます。


しかし、音響的には、観客は吸音材のようなものです。

観客の来ている衣服は一種の吸音材です。観客の肉体も。さらに眼鏡を使用されている方が

おられれば音波が乱されます。


それが今回は皆無なのです!


存在するのは、コンサートホールの素材、装飾や客席など、飾られている花、さらに楽団員の衣服、靴、譜面台、椅子、指揮台などで、音響的には純粋にオーケストラの音を楽しむには最高の環境になっています。


演奏する側も実に演奏し易いように見受けられます。

何時もの演奏会より響きがさらに豊か、中低音を担当する楽器のサウンドも素晴らしく響いてくれています。


そして残響も長い!!!


演奏される音楽のスケールが大きい!!!


ホールの大きさが分かります!!!!!!!


こんなにウィーンフィルの音を純粋に楽しめる機会は、日本にいてはなかなか楽しめるものでは無いと思います。


大変貴重なコンサートになっていると思います。


観客がいない寂しさはありますが、音楽演奏を純粋に楽しめる最高のニューイヤーコンサートではないでしょうか!!!!!!!


最後の演奏されるラデッキーがどのような演奏になるか!??


今から楽しみです


昨年はコロナ禍で厳しい年でもありました。今年は良き年になるのではないかと

思わせてくれる最高のコンサートですね!!!!!!!!








40回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

もう一つ

気づき