top of page
  • lifesound

フォノケーブル

Wavetuningが生まれてフォノケーブルも新たに製作することにしました。

その素材選びには大変苦労が伴いました。

普通の太さのケーブルを芯線に使用してはフォノケーブルの意味が無いからです。

かなり細い線を使用します。


素材選考の結果、1970年代の素材と新しい素材の2種を選考して、製作をすることにしました。

1970年代の素材は被覆が紙のようで振動がナチュラルなのです。そして音に

癖が少ないことが良い点です。

もう一種はかなりシールドがしっかりした現代の素材です。

ヨーロッパから取り寄せてみました。


そして作るものはRCAプラグを使用したものと5ピンのプラグを使用したものです。


既に1970年代の素材をしようしたRCAプラグを使用したフォノケーブルは完成しました。

悪くない感じです。

さらにリード線あれこれKoikeさんにお願いして、被覆素材を超薄くしたものを製作してもらいました。

さらに僅かに太いものなどもお願いしています。


これからどのようなことになるのでしょうね。




閲覧数:51回0件のコメント

最新記事

すべて表示

手強い

昨日

Comments


bottom of page