• lifesound

久しぶりの休日


今日こそは休みにしようと思っていました。休みだから何もしないという気持ちにはなれません。スピーカーをあれこれ楽しんでみようと思って始めました。


最初は、最近のチューニングの成果を確認してみようと思い20年前ぐらいに導入した

OPERAを引っ張り出してきました。


この小さなスピーカーのボディは全て単板で出来ている贅沢な造りです。

仕事にはならなかったものですが、店主の好みでもあるので最近のチューニングをしてあります。

更に今日は遊びの日なので贅沢にスピーカーの受けにダイヤモンドLSエボニーパッドとLSエボニーパッドで受けてみました。


結果は、これまでで最高に滑らかで楽しい再生になりました。ライフサウンド歴史の生き証人のような存在であるこのスピーカーが嬉しそうに再生をしてくれている姿を見て、どこかまた輸入してくれないものかなと思う次第です。

古典的な構造ですが、20世紀の良き思い出を再生してくれます。


チェンバロの響きが凛として気持ち良いですね!ローラフィジーの声が何とも嬉しい響きで聴こえてきます。TDシリーズとは違う世界ですね。 楽しいです。あまりあれこれ考えなくていいですからね。


さて次に輸入元からCharioのLynxの兄弟機のDelphinusを借りてきたので聴いてみます。




上がLynx で↑がDelphinus

外観は同じです。大きさが違うだけ!

サイズですがLynxは幅200mmX高さ360mmX奥行き280mm

Delphinusは幅230mmx高さ410mm奥行き330mm

外観のデザインは同じです。大きさが違うだけ!

とはいっても数字上はそんなに変わらないようなのですが、実物はかなり大きさが違います。

Lynxが13センチのペーパーコーンウファ―ですが、Delphinusは16センチのペーパーコーンウファ―を搭載しています。

Delphinusは箱容量が大きいので低音域が豊かに出そうですね。




スタンドの天板からはみ出しそうです。160mmのペーパーコーンウファ―と言っていますが、見た目には18センチくらいありそうな感じがします。


そこで測定してみました。

ゴムエッジの外側で160mmでフレームの外で175mmありました。



そういえばDINAUDIOのSP40のウーファーが170mmと言っていたので、こちらも測定してみました。

するとゴムエッジ外側で135mmぐらい、フレームの外側で170mmでした。(汗)

そうなるとSP40のウーファーはLynxと同じぐらいということになってしまいますね。


SP40のサイズは幅198 x 高さ360 x奥行き 307mmです。

Delphinusは幅230mmx高さ410mm奥行き330mmになります。

そういえばCONTOUR20iのサイズは215W×440H×360Dmmでした。

となるとDelphinusはCONTOUR20iと同じクラスと考えて良いのかもしれませんね。


価格は税込み327,800円です。CONTOUR20iは9月1日から税込み825,000円になります。

2.5倍強の価格差があります。 もし、もしDelphinusがCONTOUR20iより魅力的だったら!

どうしようかなと店主はドキドキです。


その結果は次に呟きます。

131回の閲覧1件のコメント

最新記事

すべて表示