• lifesound

久しぶりの休日 その2

更新日:2021年9月5日

休日ということで好きなようにあれこれしたいと思っていましたが、スピーカーの聴き比べになってしまって、仕事なのか休みなのか分からない店主です。(汗)


さてDelphinusを試聴してみます。足が付いているのですが、スタンドの天板からはみ出しそうなので、足を外して、ダイヤモンドLSエボニーパッドとLSエボニーパッドのコンビで3点支持にしてセットしました。



最初は寝起きなので眠そうなので少し時間をおいて聴くと、まるでCONTOUR20のような迫力ですね!!!

低音がしっかりと出てサウンドステージが広い!!これは良いかな!とあれこれ聴いてしまいました。

全てノーマルなのであれこれしたいところも見えてきました。


最新のCONTOUR20iを最近、試聴してきましたが、どうも駄目ですね。CONTOUR20のような音の粘りがなくフォーカスがヘンテコなんです。低音は何か妙な広がりで後頭部が痛くなってきました。同じ意見を持つHさんは、「ああー気持悪い!!!」と早く止めて!という感じでした。


店主の勝手な読みなのですが以前のCONTOUR20の美点が誤解された結果、こんなことになったのではと思っています。

あの粘りのある音は、より線構造のスピーカーケーブルなんかで接続されていると余計に鈍く感じてしまって立ち上がりが悪いと勘違いされてしまうのではと思っています。


それで今回は立ち上がり重視ということに注目したのかもしれませんが、どうにも頂けませんね。絶妙だったCONTOUR20は内部配線材を変えると立ち上がりが良く、それでいて粘りを失うことなく、弦楽器の音の出方を損なうことなく良い表現をしてくれていました。

深く感動できるサウンドでしたが、今回の新しいモデルは軽くてどうにも賛同が出来ないのが残念です。


Delphinusは面白い素質を持っているスピーカーであることが良く分かりました。

あれこやればCONTOUR20を超える楽しみを教えてくれるかもしれませんね。

現段階で内部配線材の問題があり、音の艶がもう少し欲しいところですが、これは簡単に解決してしまうことでしょう。


と思い込みたい店主ですが、念の為にSP40も聴いて判断したいと思っています。

最近のDYAUDIOの製品は入荷が遅くて、何時になるか分からないうことが多いのです。

ですから仕事になり難くなっています。


品格のある造りは好感が持てますね。さてどのような結果になるのでしょうね?

改めて比較することで過去に持っていた印象が変わるのでしょうか?

再生されたSP40は何故か以前のモデルよりも良いという話もありますが。

どうですかね?









142回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示