top of page
  • lifesound

今日も色々

更新日:2022年3月7日

いよいよ唯一無二のヘッドシェルの製作が始まりました。

日本製の4ピンコネクターが完成して、作業に入ることが可能になりました。



さて何故日本製の4ピンコネクターなのかといえば、中華製は、4ピンの径が

太く1.2mmです。さらに、経験者は体験している問題があります。




ピンが動いてしまうということがあるようです。

これはシェルリード線を取り付ける時に起きるようです。

こうなるとトーンアームにヘッドシェルを接続する時に動いたピンを戻したとしても

4ピンの接点が皆同じ位置で接続出来ていないという問題が起きます。


良いアナログ再生においは障害となることになります。


ということで、日本製にライフサウンドは拘りました。


またFYNE AUDIO のF500SPの内部配線材の交換が終わり工場から引き取りました。

早速試聴していますが、素晴らしいですね!!!

それまで気になっていた微妙な音の消え際の粗さが無くなりフレーズのつながりが自然になりました。また同軸ツィターから生まれる音のきつさも消えました。



そして眼前が開けるように感じられるサウンドステージが現れました。ノーマルでも人気があるスピーカーですが、チューニング等する必要があるのか?と疑問に思われる方もおられると思います。

その状態で満足できるのでしたらそれで良いと思いますが、ライフサウンドは量販店ではなく専門店です。

楽器からは生まれてこない歪のある音を出して素晴らしいでしょうとは言えないのです。

素質の良いスピーカーであることを見抜いてこそ出来ることなので、経験が必要になります。

能率が良いスピーカーですから音の立ち上がりの効率が良いので、より線の内部配線材ですとうるさいのです。この煩さが女性たちが嫌がる原因の一つです。

何度も店主として呟いていますが、音量が大きくて煩いということではないのです。

内部配線材の構造が生みだす歪なのです。

これが聴き分けられないのであればノーマルで十分です。とても良い素性を持っているので

それでは残念なのです。もっともっと質の高い再生が出来る実力があるスピーカーです。

ピアノグロス仕上げでカラーが黒でしたら税込み25万円台で収まるスピーカーです。

その価格を大きく上回る結果を出してくれるスピーカーですので、ライフサウンドでは

もうライフサウンドの経験を持って、さらに素晴らしい再生をさせたいと思ってしまいます。






閲覧数:87回0件のコメント

最新記事

すべて表示

開始

生々しい

Comments


bottom of page