• lifesound

内部配線交換開始

最終更新: 2020年3月22日

店主お気に入りのsimaudio 340iXですが、ある程度の鳴らし込みが終わり、次の段階へ行きたくなりました。

それは内部配線材の交換です。

250icosmicでは、どこまでも透明で濁り無く美しい粒立ちの良いサウンドを聴かせてくれているので、それより上位機種にあたる340iXにも、そのような再生が可能になるように

したくなったのです。

メーターあたり100円前後の内部配線材では340iXが可哀相です。

能力があるのに、その能力を発揮しきれない状態ですから。


さらに優秀なDACボードがその性能をより発揮できるようにすることで得られる再生は

耳が満足するようなレベルではなく心身共に健やかになり音楽による癒しをより深く

次元の高いものにしてくれるようになるでしょう。



66回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

あまりの結果に

250iのあまりの変化の結果に340ixにも新しいシルク内部配線材を取り付けることにしました。この効果は経験的に語ると、一般的な線材はビニールやテフロンなどの化学合成物質で被覆されています。さらに、それは工場で大量生産されますし、密着力も強く、芯線に流れる音楽信号の振動をかなり抑えてしまっていると考えられます。さらに音楽信号の振動で揺さぶられることで被覆素材の個性も音質に乗って来ますね。 このこと