• lifesound

別れと出会い

長年使用していたPMX-300の調子が悪く、ディスクを入れる時に自動開閉する扉が、勝手に開いたり閉まったり、映像にも乱れが出たり、さらにリモコンも具合が悪くなり、お別れすることになりました。


価格の割には便利で音質も良かったのですが、生産完了もしているので。

長い間家族を楽しませてくれたのでお別れするのは、悲しいものがありました。




現在デンソーテンではこの手のものは発売されていませんので、他社で探すことにしました。

DVDもかなりあるので、さらにブルーレイ(今更ですが。)も試したいのでHAP-Z1ESで気を良くしていたのでSONYのUBP-X800M2を導入しました。

配信文化が少し進んでいることもありブルーレイのディスクも安くなっているのと、手持ちのDVDもお気に入りばかりなのでこれにしました。

音質も下位モデルより上ということで。



最近、HAP-Z1ESを聴いていると濁った音は受付無くなってきていて、画像においても同じように感じられてしまっています。

もっと高いプレーヤーもあるようですが、ライフサウンドのメインの仕事ではないので、このレベルで納得することにしました。

音質の増幅にはCD-R1を使います。スピーカーは贅沢にTD510Zmk2です。


画像はPMX-300よりははるかに美しく見やすいですが、微妙に映像にがさつきがあります。そこで、このプレーヤーにCOSMICチューニングをしてみることにしました。

画像や音質が改善されるのでしょうか?


内部を見てみると非常に簡素化された状態に驚きました。パーツ数は多く無いのが嬉しいですね。


基盤を固定するネジも所によっては銅(メッキかもしれませんが)ネジを使っています。

またシールドをしたい場所には適度なシールドがされています。

流石にSonyということなのでしょう。


早速、必要と思われる部分にcosmicチューニングを施しました。


如何なる結果になるのでしょうか?

楽しみです。







70回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

比較試聴

です。コロナ禍の中、熱心なユーザーの方からご連絡を頂きました。 この方は楽器の演奏を実際に行われます。それもかなりなレベルで。 店主も演奏を拝聴させてもらいましたが、アマチュアとは思えない感じです。 音楽再生に関しても的確な感想を頂ける方です。 ライフサウンドでの経験がどのようなレベルなのかを確認されるために 同じ様な機器を他のお店で試聴をされたことの感想を頂きました。 この方は様々なお店に足を運