top of page
  • lifesound

戻ってきました! sono2

Wavetuningを終えてTL3-.0がどのような音楽を聴かせてくれるのか?

楽しみでした。

HAP-Z1ESが生産中止になってCD再生へ戻ることになりますが、何か過去に戻るようで少々不安でした。



再生をしてみると・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「!!!」 ということです。

分かりませんよねこれでは。以外と以外でした。チューニング前は「CDだな」と言う感じでした。それで「チューニングしてもCDはCDだろうな」と予想していたのですが・・・

Wavetuningを効果なのでしょうか、HAP-Z1ESに近づいたような感じなのです。

これは予想外でした!!!


そこで錯覚では無いかと疑い、HAP-Z1ESと同じ曲で聴き比べをしてみました。

TL3-3.0の方は、どっしりとして質量の乗った音がHAP-Z1ESと比べると出ているようです。HAP-Z1ESは柔らかくしなやかで繊細な感じですね。

TL3-30が武骨な音ということではありません。思ったより繊細さも感じられて好感が持てますね。HAP-Z1ESと切り替えても違和感が少ないところが良いですね。特に

音の消え際の粗さが気にならなくなりました。かなりHAP-Z1ESに近い感じがしますね。

これはチューニング技術が進んだお蔭でもあると思います。

しかし、アナログの様にディスクを取り替える儀式は利便性に優れたHAP-Z1ESに慣らされた店主には少し面倒にも感じてしまいました。

この方式のメリットは、CDに対してもエネルギーを入れることで自分の好みの方向へ触れるメリットがあります。


CD再生ファンには朗報ではないかなと思うことになりました。

Wavetuningは有難いものだと、つくづく思わされました。

閲覧数:160回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ความคิดเห็น


bottom of page