top of page
  • lifesound

本格的に開始




これまでのラックは後方へ移動しました。長い時間、表舞台で活躍してくれていました。

これからも引退は無いとは思います。


ここのところ、明治時代から大正時代の個性豊かなヴァイオリニストの演奏を聴いてばかり。

これまでのチューニングのお蔭でSP盤ノイズより音楽そのものに深く入り込んでいました。

さらにその後の時代の名ヴァイオリニストにも。

それで新型のハードメープルラックの本格的稼働が遅れました。


さて試聴を開始しますと

1.サウンドステージがかなり広がります!

2.低音域が素晴らしい。響きが豊かです。

まるでアンプの出力がアップしたようです。


と言うのが最初の印象です。

裏方さん時代でも低音域が豊かになったことは確認していましたが、表舞台ですと、さらにその凄さが分かります。


しばらく聴いているとWave SUPERNATURAL チューニングが必要と感じられてきました。

そこで上段下段ともに行ってみました。


するとまるで異なる世界がそこに現れました。

それまでは素材の性格に支配された世界でしたが、演奏者の個性に支配された世界へと変化したのです。


生きた素材を使っているので、今後も変化して行くと思いますが、現段階においても、かなりびっくりする世界を堪能することが出来ています。嬉しい変化です!


明日は、さらなる微調整を行う予定です。


閲覧数:102回2件のコメント

最新記事

すべて表示

2 Comments


mimakanusi
Nov 01, 2023

ありがとうございます。とても素敵なラックです。

シンプルイズベストです。

金属、カーボン、ガラスなどでは得られないナチュラルなサウンドを味わって頂けると思います。

Like

terashima0012
Oct 31, 2023

スピーカーの間に設置されるラック、正にオーケストラの楽器の楽器の位置づけなのですね。上記画像を拝見し、納得しておりました。近々、再度お伺いして、響きの確認とオーダーをさせていただきます。


画像を観るだけで、清々しい感じが伝わって来ます。もうオーディオというより、演奏会場のセッティングそのものなのでしょう。素直な音を機材が再生し、部屋がホールそのものの位置づけとなってます。


自宅が演奏会場になる、凄いことです、何時も有難うございます。

Like
bottom of page