• lifesound

生まれました!

最終更新: 2月8日

昨年より取り組んできたRCAケーブルです。出来ればビンテージの線材の不足を補えるようにと資源対策で製作したケーブルがあります。

店主も妥協をしないといけない年かなと思っていたので、取り組んできました。

とりあえず完成しましたので、歓んでいました。


しかし、しかし純粋なサウンドを持つTHOTH-PGKを聴いていると妥協はダメでしょうと

訴えかけてくるようでした。


そこで完成したTHOTH-MVGをあれこれテストしました。信号の入力される側はこれまで通り、そして信号が出力される側をPGKとしてみました。これは予想を超えて良い感じでして、これで行こうと考えたのですが、一晩おいて、入力側もPGK化してみました。


すると絶妙なバランス、これまで体感しことながい滑らかさ、エネルギーも充実して

何の過不足も感じないサウンドが奏でられるようになりました。

内部配線材PGKより0.15mm太目にしてあります。


こうなるとビンテージに拘ることは全くなく、そこにある音楽再生の純度の素晴らしさに

もう余計なことは考えなくて宜しい!という感じになってしまいました。

「ビンテージの材料が無くなったら無くなっても良いではないか、新しい時代には新しい素材で音楽の純粋さを損なわないケーブルを作れば良い!」と心の声が聞こえてきました。

年末から年始にかけて様々な製品テストをする中で、ケーブルについてもテストを重ねていましたが、20万円台のDAコンバーターのテストで気になることが起きたので、この新しいケーブルを作ることになりました。


今回生まれたケーブルはライフサウンドの歴史の集大成のようなものでもあります。

新しいチューニング、新しい素材、新しい素材の組み合わせこれらの経験が全て融合した

結果として生まれました。


やっとこれで正月休みがとれそうです。

後は名前をどうするか思案中です!



33回の閲覧

最新記事

すべて表示

令和時代の再生に向けて

最近の新しいケーブル、ダイヤモンドLSエボニーパッドそして、cosmicチューニングの誕生は、何を意味しているのかを考えていました。 もともとライフサウンドはCD再生でアナログレコード再生に負けない再生をしたいというテーマがありました。 最初は無駄なことをしていると知人のディープなアナログファンから言われました。 しかし、突き進んで行くうちに単に情報量が多ければ良いと言うことだけではなく、その周辺

再確認を

昨日呟いたCONTOUR20iの問題ですが、テストした試聴機単体の問題かもしれないので、改めて輸入元でテストをしてもうことにしました。 一番の原因は位相ずれなのでは思われます。 サラウンドチックな再生でしたので、あえてそのような方向へ調整されているとしたら 怖いですね。 そうでないことを祈るばかりです。 また、日本向けには全モデルと同じネットワークを使用してもらえたらと思うことしきりです。 どうな

  • facebook
  • Twitter Round
  • googleplus
  • flickr

@2016 lifesound - ライフサウンド 東京都品川区上大崎 1-5-50 tel. 03-3440-5724 / fax 03-5791-7477