top of page
  • lifesound

癒しのサウンドを

新年早々、能登半島において地震が発生し、多くの方が厳しい環境に遭われてしまいました。

被害に遭われた皆様に心からお見舞い申し上げます。


店主も被災地の映像を見て、かなり疲れてしまいました。

お正月の休みなのに、この状態では休めません。

さて店主に出来ることは何かあるかな?と考えました。


そこで自らを癒すことを通じて被災者の皆様への癒しになればと考え、三次元的空間においての音楽再生をお届けすることは出来ません。しかし、5次元空間を通して、このサウンドに込められた願いが、被災地の皆様を励まし、お癒しすることが出来ると思いました。

そして、この困難から見事に立ち直られて、素晴らしい人生を送られるようにと心から祈る思いをお届けすることにしました。



使用したのは10万円台のプリメインアンプでの聴き比べにもと思い、ATOLL IN50signatureによる再生をしてみました。




昨年末までSUPERNATURALチューニングや新しいスタッフのテストを重ねて

休めない状態でいました。そして、今回の地震です。

心も体もオーバーヒート気味でした。そこでクールダウンすることに選んだ曲は、

クリス・ボッティのNight・Sessionsからトラック2「Miami Overnight」

音量は出来るだけ小さくして再生ます。


心地良いトラッペットの音ですね!

クリスのトランペットの音はクールでありながら冷た過ぎず、柔らかく、心身に浸透して来ます。

オーバーヒート気味の店主を曲が進むにつれて癒してくれます。深く息をすることが出来るようになりました。

ここで改めて気づかされたのが前モデルでは少々寂しくなる音質とは違い、寂しさは無く、それでいて前モデルの良さを引き継いでいることです。

そして、店主の思い込みかもしれませんがヨーロッパ的なトーンを聴かせてくれることです。確実に前のモデルを超えた表現力を発揮してくれています。

ROTELとは違う個性ですね。RATELは間口が広いオールラウンドなサウンドです。

予算が許されるならこの2機種を使えたら楽しいなと思ってしまいます。

極端な癖がなく自然に音楽が心に響いてくれることで疲れた体や心がじんわりと癒されてくることが分かります。

分析的に音を追求する感じではなく、自然に音楽を楽しめ、小理屈なんか無用と言う世界を味わえますね。




次に、↑龍馬伝のアルバムではトラック8の「うたかた」。

静かな空間にピアノの音が響きます。

調律されたピアノの音が響くことで、心がその音に集中して心の暴れが調律され穏やかに治まってきます。

そして、ピアノの響きの深さに、心や体に溜まった負のエネルギーが大地にアースされていくのが分かります。

その結果、心身ともに軽やかになり、さらに深く々呼吸が出来るようになりました。


静かな豊かさを持つATOLL IN50signatureに助けられて癒された店主です。

被災地の皆様も心身ともに癒されることでしょう。

確かに目の前には大変な困難が存在していますが、これからは、全ては良くなるしかない!と信じられて、これからの人生を歩んで頂きたいと願うばかりです。


*内部配線材、ダイオードは交換しています。さらにSUPERNATURALチューニングを

 行っての上での話ですので。






閲覧数:60回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page