• lifesound

聴き続けてしまいます。

令和2年1月に完成した新しいケーブルのバーンインを行っていました。

約60時間ほどで完了したようです。

これまで体験したことのないような円やで、艶やで、豊かで、鮮度が素晴らしく輝きに満ちています。

バランスも絶妙で何を聴いても心の豊かになり感動させられてしまいます。

空間表現も素晴らしく、スピーカー後ろで聴けば演奏者の後ろから聴いている感じが

よく表現されています。

大変手前味噌で申し訳ないのですが、こんな再生は今まで聴いたことがありません。

これを聴いてしまうと「原音楽演奏雰囲気再生」が一つの完成をしたようでなりません。

店主の思い込みでそう感じているかもしれませんが、そうとしか言いようがありません。


長く様々なオーディオ製品を聴いてきましたが、何か足りない感じをしてしまっていましたが、それは信号伝送における道に問題があったのでしょう。

これまで開発して来た経験が全て凝縮されたように感じています。

諦めないで良かったとつくづく思う次第です。

名前がなかなか決まりません。(汗)






40回の閲覧

最新記事

すべて表示

令和時代の再生に向けて

最近の新しいケーブル、ダイヤモンドLSエボニーパッドそして、cosmicチューニングの誕生は、何を意味しているのかを考えていました。 もともとライフサウンドはCD再生でアナログレコード再生に負けない再生をしたいというテーマがありました。 最初は無駄なことをしていると知人のディープなアナログファンから言われました。 しかし、突き進んで行くうちに単に情報量が多ければ良いと言うことだけではなく、その周辺

再確認を

昨日呟いたCONTOUR20iの問題ですが、テストした試聴機単体の問題かもしれないので、改めて輸入元でテストをしてもうことにしました。 一番の原因は位相ずれなのでは思われます。 サラウンドチックな再生でしたので、あえてそのような方向へ調整されているとしたら 怖いですね。 そうでないことを祈るばかりです。 また、日本向けには全モデルと同じネットワークを使用してもらえたらと思うことしきりです。 どうな

  • facebook
  • Twitter Round
  • googleplus
  • flickr

@2016 lifesound - ライフサウンド 東京都品川区上大崎 1-5-50 tel. 03-3440-5724 / fax 03-5791-7477