• lifesound

銘器にふれて

今日は東久留米のMさんがとても素晴らしいフラメンコギターを持ち込んでくださいました。

マルセロ・バルベロ1世の下で学び、工房を立ち上げたアルカンヘル・フェルナンデス。


その工房へ参加した師の息子マルセロ・バルベロ・イーホが製作した

フラメンコ・ギターです。

久しぶりに名器の音を聴かせて頂き、また触れさせていただきました。

店主は今は爪を切っているので、指頭奏法でしか音が出せないのですが、それでも

甘く良い音を出してくれました。Mさんのご要望にお応えしてYAMAHAのレシーバーの

チューニングをしたのですが、さらにフラメンコギターがもう少し表面板が鳴って欲しいとのご要望で、パワーアップシールによってチューニングにトライしてみました。


マルセル・バルベロ・イーホに聞いてみると、「ゴルぺ板が貼ってあるので、少し鳴り難い。そのストレスから解放されたい。」とのことでした。

そこで画像に見える位置に1か所だけパワーアップシールを貼ってみました。

Mさんが早速試奏されてみました。

重みのあるしっかりした低音が出てサントス・エルナンデス(マルセロバルベロの先生)

に近いづいた感じとのことでした。(サントスは店主も昔弾かせてもらったことがあるので

懐かしいですね。ドスの効いた低音が魅力でした。)

さてこのテストの前にダイヤモンドLSエボニーパッドの7mmと10mmのテストも

御一緒していただきました。それは次に呟きます。





  • facebook
  • Twitter Round
  • googleplus
  • flickr

@2016 lifesound - ライフサウンド 東京都品川区上大崎 1-5-50 tel. 03-3440-5724 / fax 03-5791-7477