• 店主

あれこれやってます。


HD120&MA100&MD100のテストを繰り返していますが、今回は、およそ専門店らしからぬセッティングをしてみています。

というのは、このシリーズのサイズを考えると、広い空間に設置されるよりは狭い空間に設置される可能性が高いと予想するからです。

限られたスペースでセッティングとしても厳しい状況においても、その能力を発揮されることを要求されることと思います。

親亀の背中に子亀という感じですね。(汗)

それでもいい感じになってくれるのでびっくりしています。

スピーカーはTD508Mk3LSやTD712ZMk2LSを使用しています。

CDプレーヤーはMD100以外にSACD200LSやSIMAUDIO260Dも組み合わせています。

トランスポートとしても使っています。HD120の内蔵DACはかなり優秀で、価格的には遥かに上位な機種の能力を損なわずに、楽しく音楽を聴かせてくれますね。

さらにMA100がちっこいパワーアンプの割には、低音域の駆動力もありゴリゴリした低音も聴かせてくれます。

TD508Mk3LSは当然のことながらTD712zMk2LSもゴリゴリと鳴らしてくれます。

また流石にSACD200や260Dを組み合わせるとよりステージが広がってきます。

SACD200ではATOLLらしさを損なわずに広大な空間が再生されてきます。260DではSIMAUDIOの個性の良さとATOLLの個性が混じり合い、曲によっては清涼感を持ちながらも硬くならず音楽を楽しめることになります。

予算があればHD120&MA100に価格的上位機を組み合合わせることも一つの道と思います。


41回の閲覧

最新記事

すべて表示

令和時代の再生に向けて

最近の新しいケーブル、ダイヤモンドLSエボニーパッドそして、cosmicチューニングの誕生は、何を意味しているのかを考えていました。 もともとライフサウンドはCD再生でアナログレコード再生に負けない再生をしたいというテーマがありました。 最初は無駄なことをしていると知人のディープなアナログファンから言われました。 しかし、突き進んで行くうちに単に情報量が多ければ良いと言うことだけではなく、その周辺

再確認を

昨日呟いたCONTOUR20iの問題ですが、テストした試聴機単体の問題かもしれないので、改めて輸入元でテストをしてもうことにしました。 一番の原因は位相ずれなのでは思われます。 サラウンドチックな再生でしたので、あえてそのような方向へ調整されているとしたら 怖いですね。 そうでないことを祈るばかりです。 また、日本向けには全モデルと同じネットワークを使用してもらえたらと思うことしきりです。 どうな

  • facebook
  • Twitter Round
  • googleplus
  • flickr

@2016 lifesound - ライフサウンド 東京都品川区上大崎 1-5-50 tel. 03-3440-5724 / fax 03-5791-7477