• 店主

IN400その2


さて配線材を交換して試聴。癒し系の音には遠いことが確認できました。

次に、配線材に対してライフサウンドチューニングを行い、再度試聴開始。

全体的に音が締まり良い感じです。時間が経つにつれて、配線材のエージングが

進んでくると、エネルギー的には素晴らしいことになりますが、抜けきらない状態が現れました。

つまり出そうで出ない感じ。さらに音が耳に当たるのです。

こうなると癒し系どころか、圧力で耳が疲れてしまいます。

アシスタントの妻も「音が強すぎて疲れる!」と騒ぎだしてしまいました。(汗)

さてどうしよう・・・・・となり、これまで装着されていた配線材を見直してみると

より線で少し太い感じです。 

交換したのが失敗なのだろうか?と少し不安にもなりますね。

しかし、次の段階へ入る方法は知っています。問題は、その分量が問題になります。

多すぎればうるさくなる、少なすぎれば効果は僅かとなります。

そこで、少しだけ多めの分量をスピーカーケーブル接続端子に着けてみました。

何をつけるかは企業秘密になりますので書きませんが。

                     ↑IN400の内部

この素材の装着が大変面倒で、なかなか難しい作業になります。 1時間ほどあれこれして何とか装着しました。

そして試聴再開。

抜けは改善されますが、煩い。煩いのと、厳しい感じで、量が多すぎたことが明確に分かりました。

こうなると素材の量を考えないとなりません。

あれこれ考え悩んで、ある量に辿り着きました。 その結果は次に書きます。

#ATOLL

62回の閲覧

最新記事

すべて表示

その後

340iXの内部配線をシルク配線材に交換した直後は少々心配になりましたが、その後は快調です。響きの美しさ!毛細血管まで見えるような細かさ。音の響きの妙が自然で柔らかく、美しく、心を和ませてくれています。 さらにすべての音域で充実したパワー感が豊かさを増してくれています。 こんなに音楽がリアルの感じられることはこれまでの経験ではありませんでした。 それはそうでしょう。 これまでにない素材を使ってチュ

その後

さて一晩休ませ一晩音を流してみた340iX。 音質は・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ◎ですね! 少々心配したことが杞憂に過ぎないということでした。 5種類のチューニング素材を使用しています。それぞれが馴染んで行くために時間が必要なのです。 今回は、それに少し時間がかかったようです。それだけ340iXは感度があるということでしょう。 響きの美しさ。透明感、解像力そして音質の

一晩明けて

ATOLLのIN400seに関してはシルク配線材の交換だけで良さそうです。 誰も経験したことが無い世界に突入しているものですから、まだまだ未知の法則があるようです。 その一方で340iXの場合も250iとは異なる法則があるようです。これもまた同じメーカーなのですが異なる法則に支配されているようです。 そこで、それを確認することにしています。 大げさな言い方ですが前人未到の世界と言う段階なので、確認

  • facebook
  • Twitter Round
  • googleplus
  • flickr

@2016 lifesound - ライフサウンド 東京都品川区上大崎 1-5-50 tel. 03-3440-5724 / fax 03-5791-7477