• 店主

MA100大変身! その3

最終更新: 4月6日


電源ダイオードの能力が上がり、これまでのチューニングの考え方では良い感じにならなったMA100です。

やっとエージング終わり、確認作業に入っていたのですが、先回のチューニングでは過多な感じになってしまいました。

そこでさらにチューニングの考え方を変えて挑戦です。

誰も答えを知らない領域に入ってしまった感じですね。 ただひたすらにあれこれ試してみるだけです。

昨晩あたりではかなり良い線に届きましたが、朝、起きてテストしてみると、まだ微妙に微妙に耳の奥に音があたります。

そこで白紙にしてみると、やはりつまらない。弾く音が鈍くなります。ピアノの音の余韻がつまらないですね。

ギターもそう、ストリングスもそう、ヴォーカルもそう。

そこで最小単位にしてチューニングをしてみました。

やっと答えが出たようです。

煩うことなく、音の鮮度は高く、響きが美しく、心がワクワクしてきますね。

これでま新しいチューンアップの費用について一切触れてこなかったのは、真に納得出来ないでいたからです。

毎日8時間ほど再生をして、状況を確認していたのですが、これで安心してお勧めできる状態になったと言えます。

費用はパーツ代工賃、線材費用、チューニング費用、工場への往復送料など含めて22,000円になります。

但し、その前のライフサウンドチューニングを実施して頂いてない機器は別になりますのでご注意ください。

#ATOLL

157回の閲覧

最新記事

すべて表示

その後

340iXの内部配線をシルク配線材に交換した直後は少々心配になりましたが、その後は快調です。響きの美しさ!毛細血管まで見えるような細かさ。音の響きの妙が自然で柔らかく、美しく、心を和ませてくれています。 さらにすべての音域で充実したパワー感が豊かさを増してくれています。 こんなに音楽がリアルの感じられることはこれまでの経験ではありませんでした。 それはそうでしょう。 これまでにない素材を使ってチュ

その後

さて一晩休ませ一晩音を流してみた340iX。 音質は・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ◎ですね! 少々心配したことが杞憂に過ぎないということでした。 5種類のチューニング素材を使用しています。それぞれが馴染んで行くために時間が必要なのです。 今回は、それに少し時間がかかったようです。それだけ340iXは感度があるということでしょう。 響きの美しさ。透明感、解像力そして音質の

一晩明けて

ATOLLのIN400seに関してはシルク配線材の交換だけで良さそうです。 誰も経験したことが無い世界に突入しているものですから、まだまだ未知の法則があるようです。 その一方で340iXの場合も250iとは異なる法則があるようです。これもまた同じメーカーなのですが異なる法則に支配されているようです。 そこで、それを確認することにしています。 大げさな言い方ですが前人未到の世界と言う段階なので、確認

  • facebook
  • Twitter Round
  • googleplus
  • flickr

@2016 lifesound - ライフサウンド 東京都品川区上大崎 1-5-50 tel. 03-3440-5724 / fax 03-5791-7477