• 店主

IN50seかIN100seか?


お客様からご相談を受けることが多い内容の一つに「IN50seかIN100seか?」というご質問です。

さて、どちらが良いかと言われても難しいものです。

個人的な趣味もありますし、さらに価格の違いもあります。使用されているスピーカーやお部屋の広さにも関係してきますから。

あとは精神的なものですね。価格が高いのだから良いのだろうと思われていることも多いでしょう。

店主はどのように考えているかと言えば、「どちらも良い!」です。

それぞれに良さがありますので、どちらも良いのです。

あとは音楽の楽しみ方が問題になると思います。

またライフサウンドでは独特のチューニング手法を持っていますので、一般的に聴かれておられるATOLL製品とは一味も二味も違った味を楽しんで頂けます。

ノーマルのIN100seでしたらライフサウンドチューニングされたIN50seの方が精緻でありながらATOLL独特の音味の濃さ、音楽のまとまりがより楽しんで頂けることになります。

その上、低音域の迫力も出てきます。さらに小型スピーカーを鳴らずなら十分なパワー感も感じられることでしょう。

さらに音量がボリューム位置で10時の位置より上げられない環境では全く問題が無いと言えるでしょうね。

またIN100seもライフサンドチューニングされてしまうとノーマルのIN200seを超えてしまう表現力を持ってしまいます。特に音の粒が美しくなり、伸びやかになります。そして低音域が怖いぐらいに響いて音が飛んできます。

中型スピーカーを鳴らすには十分な状態で音楽を楽しんでいただけることになりますね。

あとは精神的満足感というものが大事になります。悩まれる理由の大きなものは予算的なものですね。

余裕があれば簡単にIN100seを選択できるが、どうも厳しいと言う方もおられます。

それを解決するには方法がありますね。

予算が溜まるまで我慢する。 それが最良の方法でしょう。

いずれにしてもIN50seは価格を超えた音楽性を持っておりますので、さらにそれを引き出すライフサウンドチューニングを施せば、購入されて後悔されることは無いと思います。

さらに新しい追加チューニングを施すことでびっくりされることになると思います。

#ATOLL

305回の閲覧

最新記事

すべて表示

その後

340iXの内部配線をシルク配線材に交換した直後は少々心配になりましたが、その後は快調です。響きの美しさ!毛細血管まで見えるような細かさ。音の響きの妙が自然で柔らかく、美しく、心を和ませてくれています。 さらにすべての音域で充実したパワー感が豊かさを増してくれています。 こんなに音楽がリアルの感じられることはこれまでの経験ではありませんでした。 それはそうでしょう。 これまでにない素材を使ってチュ

その後

さて一晩休ませ一晩音を流してみた340iX。 音質は・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ◎ですね! 少々心配したことが杞憂に過ぎないということでした。 5種類のチューニング素材を使用しています。それぞれが馴染んで行くために時間が必要なのです。 今回は、それに少し時間がかかったようです。それだけ340iXは感度があるということでしょう。 響きの美しさ。透明感、解像力そして音質の

一晩明けて

ATOLLのIN400seに関してはシルク配線材の交換だけで良さそうです。 誰も経験したことが無い世界に突入しているものですから、まだまだ未知の法則があるようです。 その一方で340iXの場合も250iとは異なる法則があるようです。これもまた同じメーカーなのですが異なる法則に支配されているようです。 そこで、それを確認することにしています。 大げさな言い方ですが前人未到の世界と言う段階なので、確認

  • facebook
  • Twitter Round
  • googleplus
  • flickr

@2016 lifesound - ライフサウンド 東京都品川区上大崎 1-5-50 tel. 03-3440-5724 / fax 03-5791-7477