• 店主

IN200seLSチューアップ完成


今日は待望のIN200seLSへのチューアップが完成して、工場から引き揚げてきました。

内部配線材交換と電源ダイオードの交換をしました。

その結果ですが、これまでの問題点がすべて解消してしまいました。さらに静粛性の高い、インパルス応答もさらに改善され、音抜けが素晴らしい結果になりました。

内部配線材の性格で炭酸の泡が吹くようなシャワシャワした音の感じは姿を消し、純粋な音が再生されています。

とは言え新しい内部配線材も電源ダイオードも新しいので音がつるつるしています。エージングがある程度必要であるということでもあります。それはMA100でも同じでした。

またIN200seLSはトランスが大きいので、音の厚みが違いますね。これからエージングが進むにつれて、内部配線材へのチューニングも行う予定です。

その結果として良い意味での乾いた音が出てくるようになるでしょう。


82回の閲覧

最新記事

すべて表示

令和時代の再生に向けて

最近の新しいケーブル、ダイヤモンドLSエボニーパッドそして、cosmicチューニングの誕生は、何を意味しているのかを考えていました。 もともとライフサウンドはCD再生でアナログレコード再生に負けない再生をしたいというテーマがありました。 最初は無駄なことをしていると知人のディープなアナログファンから言われました。 しかし、突き進んで行くうちに単に情報量が多ければ良いと言うことだけではなく、その周辺

再確認を

昨日呟いたCONTOUR20iの問題ですが、テストした試聴機単体の問題かもしれないので、改めて輸入元でテストをしてもうことにしました。 一番の原因は位相ずれなのでは思われます。 サラウンドチックな再生でしたので、あえてそのような方向へ調整されているとしたら 怖いですね。 そうでないことを祈るばかりです。 また、日本向けには全モデルと同じネットワークを使用してもらえたらと思うことしきりです。 どうな

  • facebook
  • Twitter Round
  • googleplus
  • flickr

@2016 lifesound - ライフサウンド 東京都品川区上大崎 1-5-50 tel. 03-3440-5724 / fax 03-5791-7477