• 店主

CDR1エージング中


富士通テンのCDR1のエージングを進めています。20時間ほど稼働しておりますが、最初に気になった高音域の硬さは姿を消してくれました。またこの価格を忘れさせてくれる音楽性にはアシスタントの妻も驚いております。

波の音の粒立ちなど見事に再生してくれるのでリアルさがあり楽しめますね。

あと20時間ほどエージングしたら、いよいよライフサウンドチューニングを行ってみたいと思います。

それにより、この価格だから大したことないとか言われることの無いようにしたいと思います。

高額製品でなければ音楽楽しめないという悲しいことはありません。

この様に真面目に作られて基本を大切にしていることにおいては確かな製品であるのですからね。

あとは使い手の問題であると思います。

ノーマル状態ではどんなハイエンドな製品でも問題があることをライフサウンドは良く知っております。

下手をすればコストを考えるとこのような良心的なCDR1をチューニングした方が、下手な高額製品よりもコストパフォーマンスや場所の関係を考えると有利になる場合があります。

さらに使用しているケーブルでも音質はかなり劣化しますので、このようにスピーカーケーブルだけをユーザーが用意すれば良いのであれば、ケーブルの弊害によるリスクも減りますね。

ライフサウンドは専門店ですから、この低コストな製品にも最高のスピーカーケーブルを付けてテストをしています。

それによって、評価をしております。この低コストな製品でも潜在能力をどこまで引き出せるかが仕事でもあると思っているからです。


77回の閲覧

最新記事

すべて表示

21世紀の音楽再生の扉

かなり重たいです。簡単には扉は開きません。周辺機器の整備をしないとスタート出来ないようです。 中古を入れてみたのですが必要な接続が出来ず返品。 音楽再生の神様からしたら、「それだけのことをするのに、中古で安く済ませようという態度は怪しからん!」ということのようです。 ということで昨晩は接続不良のため、問題が解決するかとライフサウンド蕨研究所の所長のMさんとあれこれテストを繰り返しましたが、問題は解

令和時代の再生に向けて

最近の新しいケーブル、ダイヤモンドLSエボニーパッドそして、cosmicチューニングの誕生は、何を意味しているのかを考えていました。 もともとライフサウンドはCD再生でアナログレコード再生に負けない再生をしたいというテーマがありました。 最初は無駄なことをしていると知人のディープなアナログファンから言われました。 しかし、突き進んで行くうちに単に情報量が多ければ良いと言うことだけではなく、その周辺

  • facebook
  • Twitter Round
  • googleplus
  • flickr

@2016 lifesound - ライフサウンド 東京都品川区上大崎 1-5-50 tel. 03-3440-5724 / fax 03-5791-7477