• 店主

新しいチューニングを


最近、ユーザーのTさんからIN400への内部配線材交換のご依頼を受けました。

そこで、早速、作業を行いました。

さらに最近にSIMAUDIO250iの刺激を受けたので、新しいチューニングを行ってみました。クリスタルチューニングと名付けたチューニングをこれまでのLSチューニングにプラスしてみました。

試聴に使用したディスクは「TONY90」で知ったLeslie Odom Jr の以下のディスクです

             Leslie Odom Jr Import 

心地よいサウンドを聴かせてくれる嬉しいアーティストですね。まるで水中を気持ち良く泳いでいるような感覚を覚えてしまいます。さらに録音が良い!

交換された配線材が見えますね。 このお蔭で、音の輪郭がしっかりとして来てボワーンとした感じは姿を消します。

さらにここに新開発のこれまでのLSチューニング+クリスタルチューニングを施すと、音がキリッとしまりながらも柔らかさや優しさを失いません。

チューニングを終えてテスト開始。

良いですね、気持ちよくで、さらに伸びやか。ATOLLの良さを失わずにさらに抜けが良くなり、音楽が心に優しく響いてきます。音は爽やかに体を抜けて行く感じになりました。

新しいチューニングは狙った通りに音楽を再生してくれるようになりました。尚、内部配線交換の費用は税込32,400円になります。

この価格になる理由は基板を取り外す必要があるからで、アンプを全て解体してから組み直しますので、かなり時間と労力がかかるためです。

しかしながら、価格以上の価値をもたらしてくれることと思います。


57回の閲覧

最新記事

すべて表示

21世紀の音楽再生の扉

かなり重たいです。簡単には扉は開きません。周辺機器の整備をしないとスタート出来ないようです。 中古を入れてみたのですが必要な接続が出来ず返品。 音楽再生の神様からしたら、「それだけのことをするのに、中古で安く済ませようという態度は怪しからん!」ということのようです。 ということで昨晩は接続不良のため、問題が解決するかとライフサウンド蕨研究所の所長のMさんとあれこれテストを繰り返しましたが、問題は解

令和時代の再生に向けて

最近の新しいケーブル、ダイヤモンドLSエボニーパッドそして、cosmicチューニングの誕生は、何を意味しているのかを考えていました。 もともとライフサウンドはCD再生でアナログレコード再生に負けない再生をしたいというテーマがありました。 最初は無駄なことをしていると知人のディープなアナログファンから言われました。 しかし、突き進んで行くうちに単に情報量が多ければ良いと言うことだけではなく、その周辺

  • facebook
  • Twitter Round
  • googleplus
  • flickr

@2016 lifesound - ライフサウンド 東京都品川区上大崎 1-5-50 tel. 03-3440-5724 / fax 03-5791-7477