• 店主

クリスタルチューニングその7


クリスタルチューニングに関するお問い合わせやご依頼が増え始めました。

ライフサウンドのユーザーの皆様からのご依頼が多いのが有難いことです。

ご理解を頂き心から感謝申し上げます。

皆様ご承知の通り、ライフサウンドではフルレンジ型スピーカーであるTD712zMK2LSをメインモニターとして使用しております。

使用しているCDプレーヤーはATOLL SACD200とSIMAUDIOの260D、使用アンプはATOLL IN400、ケーブルはスピーカーケーブルはM-TOP、RCAはM3Wです。

この組み合わせをメインとしてクリスタルチューングの評価をしております。

またサブとしてはTD510zMk2LSをスピーカーで使用しています。

さらにTD510zMK2LSはPMX300というAVレシーバーを使用しての評価です。

フルレンジ型スピーカーで評価をしておりますので、変化の違いが分かりやすくなっております。

さらにスピーカーや分電盤もクリスタルチューングをしておりますので、余計に結果が理解しやすいと思います。

現時点ではM3WのRCAケーブルへのチューニングは行っておりません。スチューデントやG&Sはチューニングをして結果を得ております。

ということで、皆様がお使いのスピーカーにおいて、どのような結果が出るかは期待しているとこであります。

変化が僅か、あるいは大きく変化するか、様々であると思います。

可能であればスピーカーへのクリスタルチューニングが可能であれば、さらに良い結果を招くことになると容易に想像されるところです。

クリスタルチューニングをご依頼された製品に関しては出来るだ早く作業に入り、お手元へお戻しできるようい致しますのでよろしくお願いします。

                                         店主


50回の閲覧

最新記事

すべて表示

21世紀の音楽再生の扉

かなり重たいです。簡単には扉は開きません。周辺機器の整備をしないとスタート出来ないようです。 中古を入れてみたのですが必要な接続が出来ず返品。 音楽再生の神様からしたら、「それだけのことをするのに、中古で安く済ませようという態度は怪しからん!」ということのようです。 ということで昨晩は接続不良のため、問題が解決するかとライフサウンド蕨研究所の所長のMさんとあれこれテストを繰り返しましたが、問題は解

令和時代の再生に向けて

最近の新しいケーブル、ダイヤモンドLSエボニーパッドそして、cosmicチューニングの誕生は、何を意味しているのかを考えていました。 もともとライフサウンドはCD再生でアナログレコード再生に負けない再生をしたいというテーマがありました。 最初は無駄なことをしていると知人のディープなアナログファンから言われました。 しかし、突き進んで行くうちに単に情報量が多ければ良いと言うことだけではなく、その周辺

  • facebook
  • Twitter Round
  • googleplus
  • flickr

@2016 lifesound - ライフサウンド 東京都品川区上大崎 1-5-50 tel. 03-3440-5724 / fax 03-5791-7477