• 店主

クリスタルチューニングその12


今日は広島にお住いのNさんのご依頼でATOLL IN400へのクリスタルチューニングを行いました。

既に内部配線材は交換しております。

作業に入ると、いろいろな事が思い浮かびます。

それは、このチューニングを通じてオーナーの方の人生に影響を与えていくことになるからです。

ですから、オーナーの方の心の喜びや癒しになれるようになれと思いながら作業をすることになります。

さらにこのチューニングに至るまでの経過を振り返ることもあります。

その時の音質をも思い出します。そしてクリスタルチューニングが加わることで、絹に描かれた曼荼羅が立体曼荼羅になったような印象を受けることになります。

クリスタルチューニングを終えて試聴すると、高域担当のチューニング素材が必要なことがより顕著になります。

そして、高域担当素材を加えます。これも必要量は極て僅かで多すぎてもいけません。耳に当たる音になりますから。

さて、高域担当素材を加える作業が終わり試聴してみまと、ピアノの残響が美しくなり、その余韻を楽しめるようになります。

幸田ひろ子さんのカリオンでテストです。まず驚くのが伴奏に使われる楽器の鳴り方です。チェロの胴鳴りの素晴らしいこと!!C弦の鳴りが凄いですね。縦方向へも良くなります。ボディの中の底から音が響いてきます。

そして幸田さんの声が丁寧でますます美しく響いてきますね。

ハープの音はギターに比べる鈍く感じるのですが、それでも美しく響いて来ます。

楽器の響きの曼荼羅の中央に彼女がいますね。

何と心地よいことでしょう。そして、美しい!!


49回の閲覧

最新記事

すべて表示

21世紀の音楽再生の扉

かなり重たいです。簡単には扉は開きません。周辺機器の整備をしないとスタート出来ないようです。 中古を入れてみたのですが必要な接続が出来ず返品。 音楽再生の神様からしたら、「それだけのことをするのに、中古で安く済ませようという態度は怪しからん!」ということのようです。 ということで昨晩は接続不良のため、問題が解決するかとライフサウンド蕨研究所の所長のMさんとあれこれテストを繰り返しましたが、問題は解

令和時代の再生に向けて

最近の新しいケーブル、ダイヤモンドLSエボニーパッドそして、cosmicチューニングの誕生は、何を意味しているのかを考えていました。 もともとライフサウンドはCD再生でアナログレコード再生に負けない再生をしたいというテーマがありました。 最初は無駄なことをしていると知人のディープなアナログファンから言われました。 しかし、突き進んで行くうちに単に情報量が多ければ良いと言うことだけではなく、その周辺

  • facebook
  • Twitter Round
  • googleplus
  • flickr

@2016 lifesound - ライフサウンド 東京都品川区上大崎 1-5-50 tel. 03-3440-5724 / fax 03-5791-7477