• 店主

クリスタルチューニングその15


「クラシックギター曲が聴ける!!」という喜びが、本物なのか!?それを確認するためにセゴビア大先生のCDを久しぶりに聴いてみることにしました。

ディスク1を聴きました。

録音は古いものですが、あのセゴビア大先生の音色と響きが出て来ます。ギターのボディが振動していることで出て来る音です。ポーンとそしてブーンとギターの音が鳴り響き、飛んできます。

これは、素晴らしい!!!

と簡単に言うだけにしたくなります。細かくああだこうだと言いたく無くなるような気持ちになります。

音楽を聴きたいと!

アシスタントの妻は最初は違う部屋にいたのですが、この音に誘われたように出て来て、「すごいね!」といきなり言い出しました。

何が凄いのか説明は出来ないようですが、「すごい!」と感じたようで、しばらく聴いていました。

過去の店主のクラシックギター音楽を曲を聴く楽しみ方には、演奏される曲自体を味わう、演奏家の個性を味わう、そして、使用されている楽器の音色や響きを味わう、使われている弦は何だろう?と感じ取ろうとするものでした。

しかし、以前までですと、曲を流して聴いて終わっていました。

ここまでの再生が出来ると過去のクラシックギター曲の楽しみ方が出来るようになりました。

演奏家の個性を味わうという中には、演奏時の右手のタッチなども感じ取ることも含まれていますが、セゴビア大先生の和音の弾き方の正確さにはいつも舌を巻いていました。

それを久しぶりに味わうことが出来ました。また、あのセゴビアトーンですね。アポヤンド奏法で、アクセントつけるようにポーンと出て来る音。これはポーンと飛んでくるというと軽い音のように思われてしまうと思いますが、

そうではく、瞬発力のあるタッチで生みだされる音なので、それはブーンという唸っりを伴っているのです。

このような見事なタッチを出せる人は、そうそうおりませんでした。

それを再び味わうことが出来ました。

クリスタルチューニングの効果は、店主の思い込みではないという確信を得ることが出来るセゴビア大先生の演奏でした。


44回の閲覧

最新記事

すべて表示

10月5日には

いよいよ21世紀のオーディオ再生の周辺準備が整いそうです。 これによってこれまで積み上げて来た再生環境が、いかなる結果になるのかが 楽しみでもあり、怖くもありますね。 アシスタントの妻がちょっと厄介な病気になっており、私以外に手助けが出来ないので 少々難儀しております。 しかし、必ずや元気になってくれると信じております。 その為にも21世紀の音楽再生を実現して聴かせてやりたいと思っています。

お知らせ

9月30日大阪、10月4日愛媛それぞれ出張いたします。 お店はお休みとさせて頂きます。 電話は通じますので、ご連絡は電話でお願いします。 よろしくお願いします。 店主

21世紀の音楽再生の扉

かなり重たいです。簡単には扉は開きません。周辺機器の整備をしないとスタート出来ないようです。 中古を入れてみたのですが必要な接続が出来ず返品。 音楽再生の神様からしたら、「それだけのことをするのに、中古で安く済ませようという態度は怪しからん!」ということのようです。 ということで昨晩は接続不良のため、問題が解決するかとライフサウンド蕨研究所の所長のMさんとあれこれテストを繰り返しましたが、問題は解

  • facebook
  • Twitter Round
  • googleplus
  • flickr

@2016 lifesound - ライフサウンド 東京都品川区上大崎 1-5-50 tel. 03-3440-5724 / fax 03-5791-7477