• 店主

クリスタルチューニングその23


快進撃を続けて来たクリスタルチューングですが、ここで課題が生まれました。

これは、とても有難いこともであります。

伊豆にお住いのAさんからもMTOPスピーカーケーブルへのクリスタルチューニングのご依頼を頂きました。

Aさんのお部屋は、羨ましい程に良い造りになっています。画像にあるのはライフサウンドのフロアボードですが、

この素材を使って床にされました。

木造家屋ではかなり正確な水平を出して頂けたので響く音が正確です。セッティングもシビアになりますが、10年かけて理想の位置を探り出されたAさんです。

さてクリスタルチューニングの結果ですが以下ののようなお返事を頂きました。

昨日および本日も先ほどまで試聴をくり返しました。

ギタ-、ピアノ、ベ-ス、ドラムス、ボ-カル等の

10枚ほどです。

全体的な印象は抽象的ですが、次のようでした。

静的   → 動的

スタジオ → ライブ

冷温   → 温暖

鉛筆H  → 鉛筆B

全音域で「豊潤」な音でまるで別物ですが解像度は変わりません。

フルレンジSPには有効でしょうね。

我家では、神木を13枚使用していましたが、中・域が干渉するので4枚外しました。

今の状態では高域が以前より気持ちよく抜けないので

このままでは神木の再設定が必要です。

全体的にもう少しスリム・タイトに・・・。

暑いのに更に暑い夏なりそうです。

お疲れさまです。

ということでした。スピーカーはジンガリの2Wayでアンプはメロディの300Bを搭載しています。CDプレーヤーはTL51XRでケーブル関係は全てライフサウンドオリジナルです。

また、お話した結果としては中音域以下が出てしまい高音域がマスクされてしまったようだということでしょうね。

そこでスピーカーとケーブルをお預かりしてスピーカーの個性に合わせてスピーカーケーブルを再チューニングをするか、スピーカーをチューニングすることで問題を解決するという選択をすることになりました。

独特の個性を持つスピーカーですのでどんなことになるのでしょう?

楽しみです!!!


77回の閲覧

最新記事

すべて表示

もっと詳しく

と言うご依頼がありましたが、あくまでもライフサウンドでの体験です。 新しいCONTOUR20iの問題は、フォーカスが合っているようで合わない状態が 起きるということです。 これはカメラ撮影で言えば、激しい手振れ状態と言っても良いのかもしれません。 この状態を続けたら人間はおかしくなってしまうと思います。さらに音が奥に引っ込んで しまうのでびっくりです。 集中して音楽を聴こうとしているのが妨げられる

新製品聴きました

新しいモデルCONTOUR20iを試聴させてもらいました。 デザイン的には変わっていませんが、かなり内部的には改善が図られたようです。 以前のモデルより立ち上がりが早くなスムーズなサウンドを聴かせてくれます。 それが長所でもありますが、以前のモデルような良い意味での重さが少々足りない感じもします。さらに粘りも。 まあ、それはチューニングで何とかなると思います。 ということで導入しようかなと思ったの

  • facebook
  • Twitter Round
  • googleplus
  • flickr

@2016 lifesound - ライフサウンド 東京都品川区上大崎 1-5-50 tel. 03-3440-5724 / fax 03-5791-7477