• 店主

クリスタルチューニングその28


クリスタルチューニングはCD再生においてアナログ再生を彷彿させてくれるようで店主も嬉しい日々が続いています。

そんな中、ユーザーの皆様にもご理解を頂け、日々、クリスタルチューニングを行っております。

こんなチューングは店主が知る限り世界で唯一のものです。

既存の概念を覆すようなものですね。

さて、分電盤、IN400やSACD200、TD712zMK2LS、TD510zMK2LS,TD508MK3LSや、ケーブル類にはクリスタルチューニングを終えました。

しかし、IN50、IN100、IN200にかまだ完全な状態では行っております。さらにはTD-M1やTD316SWMK2やTD520SW、D260、250iなどにはまだです。

これらも順次クリスタルチューニングをして行く予定です。

またお問い合わせも数多く頂いており、メールでのご連絡をさせて頂いております。

クリスタルチューニング効果はこれまでのライフサウンドチューニングにプラスされた結果になります。

繊細観、パワー感、質量、質感などすべてにおいて向上してくれてしまいます。

そして、リアルな再生を実現してくれます。

また接続された機器の特徴を良く教えてくれます。

さらに、クリスタリルチューニングがされていない部分を教えてくれます。

電気的に何かをするわけではないのですが、大きな変化を呼び起こします。

変化すると言っても変になるわけではありません。音楽これまで以上に楽しめることになる変化です。

現在においてこれより再生を向上させることは思いつかないのですが、このレベルをさらに上げられるように今後もあれこれ挑戦したいと思ってはおります。

その日が来たら店主は何と呟くでしょうか?

呟ける日が来ることを信じ探究していくつもりです。


38回の閲覧

最新記事

すべて表示

21世紀の音楽再生の扉

かなり重たいです。簡単には扉は開きません。周辺機器の整備をしないとスタート出来ないようです。 中古を入れてみたのですが必要な接続が出来ず返品。 音楽再生の神様からしたら、「それだけのことをするのに、中古で安く済ませようという態度は怪しからん!」ということのようです。 ということで昨晩は接続不良のため、問題が解決するかとライフサウンド蕨研究所の所長のMさんとあれこれテストを繰り返しましたが、問題は解

令和時代の再生に向けて

最近の新しいケーブル、ダイヤモンドLSエボニーパッドそして、cosmicチューニングの誕生は、何を意味しているのかを考えていました。 もともとライフサウンドはCD再生でアナログレコード再生に負けない再生をしたいというテーマがありました。 最初は無駄なことをしていると知人のディープなアナログファンから言われました。 しかし、突き進んで行くうちに単に情報量が多ければ良いと言うことだけではなく、その周辺

  • facebook
  • Twitter Round
  • googleplus
  • flickr

@2016 lifesound - ライフサウンド 東京都品川区上大崎 1-5-50 tel. 03-3440-5724 / fax 03-5791-7477