• 店主

クリスタルチューニングその47


ここのところ、クリスタルチューニングの話ばかりですが、まだまだ続きます。

TD508Mk3LScとなって素晴らしい結果を堪能しています。またクリスタルチューニングをされた皆様からも朗報を頂いております。

ユーザーの皆様のオーディオライフに少しでも貢献できる形で参加させて頂けている様で

店主も嬉しい限りです。!!

さて、今度はATOLL IN200LSにクリスタルチューニングをしたいと思っています。全般的に優秀なこのアンプですが、もう少し低音の厚みや深さが出てくれたら満点なのにと店主は感じております。

すでにライフサウンドのATOLL IN200LSばりばりにチューンアップもしています。(IN200LSは内部配線材の交換とさらに半導体を交換しております。)

それにクリスタルチューニングをしたらどうなのでしょう????

興味は尽きません。

全体のバランスはメーカーの設定している通りなので低音だけがずば抜けて音が出て来るということは無いと思います。

ですが、全体的にレベルの底上げ状態になれば、低音も良い感じで許せるのと予想をして。

チューニングを終えて試聴してみると全体にレベルが底上げ状態になってリアルさが違いますね。躍動感も更に向上しています。低音も許せるレベルになったようです。

これは凄いと来ていると、また寝かされてしまいました。(笑)

気持ち良いのとその音の波動にマッサージをされてしまったようです。気が付けばCDの演奏は終わっていました。

ここまで気持ち良いと、懐かしいローラ・フィジィが聴きたくなりました。アルバム全体がボサノバ調で、夏に聴くと気分が優しく盛り上がりますね。特に店主はトラック14が気に入っているのですが、良い感じです。

彼女の独特の声に癒されてしまいますね。オケがバックの贅沢な構成になっていて雰囲気も抜群!

IN200LSC になってより、包込まれる感じが増してこの演奏空間に何時までもいたいなあと思えてしまいます。

さらに内部配線が交換されているお蔭で彼女の微妙な声の表現も自然にそしてストレートに響いてくれます。さらにショットキータイプの半導体に交換していますの、より自然に響きが

表現されますね。 しかし、今回の結果はこんなものでは無かったのです。それは次回に書きます。

#ATOLL

最新記事

すべて表示

その後

340iXの内部配線をシルク配線材に交換した直後は少々心配になりましたが、その後は快調です。響きの美しさ!毛細血管まで見えるような細かさ。音の響きの妙が自然で柔らかく、美しく、心を和ませてくれています。 さらにすべての音域で充実したパワー感が豊かさを増してくれています。 こんなに音楽がリアルの感じられることはこれまでの経験ではありませんでした。 それはそうでしょう。 これまでにない素材を使ってチュ

その後

さて一晩休ませ一晩音を流してみた340iX。 音質は・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ◎ですね! 少々心配したことが杞憂に過ぎないということでした。 5種類のチューニング素材を使用しています。それぞれが馴染んで行くために時間が必要なのです。 今回は、それに少し時間がかかったようです。それだけ340iXは感度があるということでしょう。 響きの美しさ。透明感、解像力そして音質の

一晩明けて

ATOLLのIN400seに関してはシルク配線材の交換だけで良さそうです。 誰も経験したことが無い世界に突入しているものですから、まだまだ未知の法則があるようです。 その一方で340iXの場合も250iとは異なる法則があるようです。これもまた同じメーカーなのですが異なる法則に支配されているようです。 そこで、それを確認することにしています。 大げさな言い方ですが前人未到の世界と言う段階なので、確認

  • facebook
  • Twitter Round
  • googleplus
  • flickr

@2016 lifesound - ライフサウンド 東京都品川区上大崎 1-5-50 tel. 03-3440-5724 / fax 03-5791-7477