• 店主

クリスタルチューニングその50


昨晩と今日は、IN400LScとIN200LSCの聴き比べをお客様と行いました。

IN200LSCのCが大きくなっていますが、これは半導体を交換していることです。

最近、考えたことで他の文中ですでにCになっていると思いますが、今回より正式に決定しましした。

昨晩は横浜のTさん御夫婦で今日は6月にIN400LSにIN400LSの内部配線材交換をされクリスタルチューニングをされたTさんでした。

二組のお客様のご感想はIN200LSCの表現に感動して頂けました。クリスタルチューニングをしてある両者のですが、半導体の能力の違いが音楽表現に大きな影響を与えていることをご確認して頂けたようです。

その結果として、皆さまのシステムへのクリスタルチューニングを行われることになりました。

さらにTさんからは「今までにも増して深淵な音を聴かせて頂き、その進化にとても驚きました。」とご感想を頂きました。

そして、店主は遂にIN400LScをIN400LSCにすることに決めました。

フラッグシップであるIN400であるのですから、その隠れた力を出し切らせたいと思います。

昨日、既に工場へ持ち込んでおりますので、近いうちに結果を呟けると思います。

さらにその時の話で、IN50の話になりました。そしてやるなら徹底沁みようかと言う話も出ました。

エンジニアから見ると部品の性能から考えると「何でこんなの使うのかな?」と思うこともあるようです。

しかし、感性で音決めしている彼らには「その音が得られたから、それで良い!」ということろがあるようです。

性能的に良い部品を集めても良い結果が出るわけでないので、それもそうかというところもあるようですが、

時間がある時に徹底してみようかという話で終わりました。

それはクリスタルチューニングが生まれたからです。

これまでも素晴らしいパーツを組み込んでいた製品は沢山ありましたが、クリスタルチューニングで得られた結果には至らないのです。

ですから、店主もパーツの良いものを集めて何とかしようとかは考えておりませんでした。

過去においてビンテージパーツの組み合わせや、最新のパーツの聴き比べなどもしてきていますが、それだけの費用をかけても「凄ーーーーい!!」という大きな感動は少なかったのです。「いいね!」ということではありましたが・・・・。

しかし、現在は、そうではありません。今後も確認作業のためにTDR1やサブウーファーたちにもクリスタルチューニングを行う予定です。

またお客様にもご協力いただいて結果の検証を重ねていきたいと思います。

#ATOLL

最新記事

すべて表示

その後

340iXの内部配線をシルク配線材に交換した直後は少々心配になりましたが、その後は快調です。響きの美しさ!毛細血管まで見えるような細かさ。音の響きの妙が自然で柔らかく、美しく、心を和ませてくれています。 さらにすべての音域で充実したパワー感が豊かさを増してくれています。 こんなに音楽がリアルの感じられることはこれまでの経験ではありませんでした。 それはそうでしょう。 これまでにない素材を使ってチュ

その後

さて一晩休ませ一晩音を流してみた340iX。 音質は・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ◎ですね! 少々心配したことが杞憂に過ぎないということでした。 5種類のチューニング素材を使用しています。それぞれが馴染んで行くために時間が必要なのです。 今回は、それに少し時間がかかったようです。それだけ340iXは感度があるということでしょう。 響きの美しさ。透明感、解像力そして音質の

一晩明けて

ATOLLのIN400seに関してはシルク配線材の交換だけで良さそうです。 誰も経験したことが無い世界に突入しているものですから、まだまだ未知の法則があるようです。 その一方で340iXの場合も250iとは異なる法則があるようです。これもまた同じメーカーなのですが異なる法則に支配されているようです。 そこで、それを確認することにしています。 大げさな言い方ですが前人未到の世界と言う段階なので、確認

  • facebook
  • Twitter Round
  • googleplus
  • flickr

@2016 lifesound - ライフサウンド 東京都品川区上大崎 1-5-50 tel. 03-3440-5724 / fax 03-5791-7477