• 店主

クリスタルチューニングその52


TD520SWLSにクリスタルチューニングを行ってみました。

内部配線も同時に変更も。

切れ味が良くなりベースがよりリアルですね。 インパルス応答に優れたサブウーファーがさらに素晴らしくなりますね。

こうなるとTD712zLScとのつながりがかなりシビアになります。

これまでのクロスオーバーは40Hzで行っていましたが、それでも音の被りが気になりますね。(当然のことなのでした。店主の間違った理解でした。汗)

そこで30Hzから35Hzの間に設定をして聴き比べを予定しています。

TD712zLScは下は35Hzまで出ています。 40Hzでクロスオーバーさせていると被りがあると2つのシステムの音の合成のような感じになり、TD712zLScの切れ味が鈍る感じになりました。

そこでTD712zLSの再生領域ギリギリから、さらにそれを切っている状態でのつながりを確認することで、共存できるのかを調べるということです。35Hzから下だけを担当させるということです。

もともとTD520SWはTD510用として開発されていますが、それでも25Hzまで再生出来るので、712zMk2でも使えますね。

TD725SWMK2と比較するとスケールは少し小ぶりになりますが、必要な部分はしっかりと再生してくれますのと口径が小さい分だけ立ち上がりも早いので面白い組み合わせにもなります。

さらに面白いテストを考えていますが、それはTD316SWMk2です。これは16センチなのでさらにレスポンスが良いのでTD712zMK2とのユニット口径差も少ないので違和感が一番少ない再生が出来ます。

TD316SWMK2はライフサウンドチューニングをしていますが、クリスタルチューングは未だですので、今後の楽しみな結果をもたらすのではと店主は期待しています。

その前にTD520SWLScでのテストを繰り返し行いますが。


31回の閲覧

最新記事

すべて表示

21世紀の音楽再生の扉

かなり重たいです。簡単には扉は開きません。周辺機器の整備をしないとスタート出来ないようです。 中古を入れてみたのですが必要な接続が出来ず返品。 音楽再生の神様からしたら、「それだけのことをするのに、中古で安く済ませようという態度は怪しからん!」ということのようです。 ということで昨晩は接続不良のため、問題が解決するかとライフサウンド蕨研究所の所長のMさんとあれこれテストを繰り返しましたが、問題は解

令和時代の再生に向けて

最近の新しいケーブル、ダイヤモンドLSエボニーパッドそして、cosmicチューニングの誕生は、何を意味しているのかを考えていました。 もともとライフサウンドはCD再生でアナログレコード再生に負けない再生をしたいというテーマがありました。 最初は無駄なことをしていると知人のディープなアナログファンから言われました。 しかし、突き進んで行くうちに単に情報量が多ければ良いと言うことだけではなく、その周辺

  • facebook
  • Twitter Round
  • googleplus
  • flickr

@2016 lifesound - ライフサウンド 東京都品川区上大崎 1-5-50 tel. 03-3440-5724 / fax 03-5791-7477