• 店主

ATOLL IN400LSC誕生その4


気になっていた点は高域の表現です。もう少し、「出たら良いかな?」「これ以上出るようにするとうるさいなかな?」ということで結論が出せないでいたのですが、もう一度、必要なポイントを確認してみました。すると半導体交換時にどうも店主がしっかり指示をしておかなかった為に不要部分として外された様な痕跡がありました。

これは門外不出なので工場にも教えていなかったところですが、一見すると外していないようにも見えるのです。約1mmX0.3mmの部品なので、あまり存在感がないので仕方ないとろこでもありますね。(汗)

そこで改めて取り付けて試聴してみました。

すると出て来ましたね! 当然の事なのですが、高域表現が満足するレベルで!

ということで、半導体交換をしたメリットがより明確になりました。そしてクリスタルチューニングの効果!!

インパルス応答に優れているのですが、さらに静粛感も増え、不要な音が消えることでメロディーラインがしっかりしてきます。さらに芯ある低音が出て、迫力が増しますね。

ハーモニーも気持ちよく響きます。

良質な真空管アンプのようでもありますね。 音のラインが綺麗ですね。消え際も美しいので、音の余韻の味わいが各段の美味になりました。

IN400をお持ちの方には是非トライして頂きたいものです!

#ATOLL

54回の閲覧

最新記事

すべて表示

その後

340iXの内部配線をシルク配線材に交換した直後は少々心配になりましたが、その後は快調です。響きの美しさ!毛細血管まで見えるような細かさ。音の響きの妙が自然で柔らかく、美しく、心を和ませてくれています。 さらにすべての音域で充実したパワー感が豊かさを増してくれています。 こんなに音楽がリアルの感じられることはこれまでの経験ではありませんでした。 それはそうでしょう。 これまでにない素材を使ってチュ

その後

さて一晩休ませ一晩音を流してみた340iX。 音質は・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ◎ですね! 少々心配したことが杞憂に過ぎないということでした。 5種類のチューニング素材を使用しています。それぞれが馴染んで行くために時間が必要なのです。 今回は、それに少し時間がかかったようです。それだけ340iXは感度があるということでしょう。 響きの美しさ。透明感、解像力そして音質の

一晩明けて

ATOLLのIN400seに関してはシルク配線材の交換だけで良さそうです。 誰も経験したことが無い世界に突入しているものですから、まだまだ未知の法則があるようです。 その一方で340iXの場合も250iとは異なる法則があるようです。これもまた同じメーカーなのですが異なる法則に支配されているようです。 そこで、それを確認することにしています。 大げさな言い方ですが前人未到の世界と言う段階なので、確認

  • facebook
  • Twitter Round
  • googleplus
  • flickr

@2016 lifesound - ライフサウンド 東京都品川区上大崎 1-5-50 tel. 03-3440-5724 / fax 03-5791-7477