• 店主

超プロフエッショナルの言葉 その2


ボスチック教授の講義を受講した方なら次の超プロフエッショナルたちのお話が良く分かることになると思います。

http://www.eclipse-td.com/Akira_Fukada.html

世界的な録音エンジニアである深田晃氏の講義も受講してみてください。

正確な音の大切さが説かれておられます。

↑はhttp://www.eclipse-td.com/Akira_Fukada.htmlより引用

最後に「スピーカーが消えてなくなりますか?」と大変厳しいお言葉を延べられています。

さて、上のアルバムはNASAの宇宙探査機が採取した宇宙の様々なテータを可聴域サウンドにしたものです。

地球軌道を回るInjun I,Hawkeye,IMP I,ISSEIから送られてきたデータを浸かって作られたアルバムです。地球の歌声を聴くことが出来ます。

これまでの箱型スピーカーで聴いてみると、その神秘感まで触れることは出来ません。宇宙から地球を感じ取る等と言うことも出来ませんでした。

しかし、TDシリーズですと、それが可能です。

1996年から1997年の間に購入したディスクですが、やっとこのアルバムの本質を味わうことが出来る様になりました。

正確な音を再生できるTDのお蔭でしょう。

地球の声を聴くには、固有の癖が支配しているスピーカーでは、その癖がフィルターのようになってしまうので正しく聴くことは出来ませんね。

TDであれば宇宙に行けなくとも宇宙の感覚を聴き取る体験が出来ます。

これも21世紀のオーディオの楽しみ方でしょう!

#超プロフェッショナルの言葉

115回の閲覧

最新記事

すべて表示

もっと詳しく

と言うご依頼がありましたが、あくまでもライフサウンドでの体験です。 新しいCONTOUR20iの問題は、フォーカスが合っているようで合わない状態が 起きるということです。 これはカメラ撮影で言えば、激しい手振れ状態と言っても良いのかもしれません。 この状態を続けたら人間はおかしくなってしまうと思います。さらに音が奥に引っ込んで しまうのでびっくりです。 集中して音楽を聴こうとしているのが妨げられる

新製品聴きました

新しいモデルCONTOUR20iを試聴させてもらいました。 デザイン的には変わっていませんが、かなり内部的には改善が図られたようです。 以前のモデルより立ち上がりが早くなスムーズなサウンドを聴かせてくれます。 それが長所でもありますが、以前のモデルような良い意味での重さが少々足りない感じもします。さらに粘りも。 まあ、それはチューニングで何とかなると思います。 ということで導入しようかなと思ったの

  • facebook
  • Twitter Round
  • googleplus
  • flickr

@2016 lifesound - ライフサウンド 東京都品川区上大崎 1-5-50 tel. 03-3440-5724 / fax 03-5791-7477