• 店主

DYNAUDIO The Special Fortyその19


The Special Fortyのエージング時間は300時間になりました。

大きな変化はありません。

これまでの経験では内部配線材は長さにもよりますが、60時間から100時間もあればエージングは終わります。

時間が必要とするのはスピーカーユニットですね。

TD712zの時は700時間ぐらい必要だったと思いますが、後継機のTD712zMK2は300時間ほどで十分だったと思います。

The Special Fortyは能率:86dB(2.83V/m)ですが、あまり鈍な感じはありませんね。能率90dBを超えるスピーカーと直接聴き比べをしたら、ちょっとゆったりかなという印象はすると思いますが、17㎝口径のウーハーを鳴らすのですから、そんなにこの能率:86dB(2.83V/m)は気にならないものですね。

279時間の時と、300時間で大きな変化は感じられません。

微妙に変化があるところもあるように感じますが、気のせいかもしれません。

ということで、400時間までエージングは必要ない可能性もある様に思います。

the Ceremony ofthe Keysを聴いてみましたが、以前より僅かにですが、響きが良くなりました。ナレータ―の声は少しこもります。

ここまでくると変化は微妙でしょう。これからはエージングを加速させる必要があると思いますので、チューニングを開始していきたいと思います。

#DYNAUDIO

125回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

比較中

現在TD307MK3とTD508MK3の比較を繰り返しています。 何れも小型スピーカーとしては驚異的な性能を持っています。 スピーカーの役割は音楽再生を具現化するものですが、多くのスピーカーは スピーカーの個性を主張してきます。 それを味わう楽しみもありますが、録音された音楽を真に楽しむことは出来ませんね。 TD307MK3とTD508MK3は自己主張が少なく、音楽再生を忠実に行うことが個性です。