• 店主

明けましておめでとうございます!


明けましておめでとうございます! 本年もよろしくお願いします。

今年のニューイヤーコンサートは如何でしたでしょうか?

コンサートの前に放送された番組も面白かったですね。

店主はワルツの踊り方を教えてもらえたようで嬉しかったですね。

さらにオーディオ的というか音響的には ウィーン楽友協会 の黄金のホールの話が最高に良かったですね。

装飾品も音に関与していると言われていました。さらに天井裏やホール下の階があることも明らかにされましたね。

まるでライフサウンドのリスニングルームと同じではないですか!(笑)

ただし装飾はそんなに豪華なものはございません。

以前にライフサウンドを訪れたホール設計士の先生がおられましたが、今回の放送を御覧になられてどのように感じられたのかなと思うところもありました。

当時、店主は、 ウィーン楽友協会 の黄金のホールは装飾品なども音に関与していますよとご説明したのですが、一笑されてしまいました。 あのシャンデリアも初期には無かったものですね。電気が生まれてから生まれたものでしょう。あのシャンデリアは高音域に絶大な透明感や独特の響きを与えることでしょうね。

カチカチに固められたホールではないから音が共鳴しやすいこともあって、豊かな響きを与えることでしょう。

コンクリートで固められたホールとは一味も二味も異なる音響を聴かせてくることが、これほど長く世界の音楽ファンからも愛されることになったのでしょう。

幾らウィーフィルのメンバーが優秀でも、風が吹き抜けるような鶏小屋で演奏してたら、こんな響きは得られないでしょうね。

オーディオ再生も全く同じです。一般家庭においても工夫次第によっては、それなりの響きを得られることは確かです。 

是非、リスニング環境を見直して頂ければと思います。不要な吸音材や不要な反射が起きるようなものがないかチェックされてみては如何でしょうか?

それから営業は1月4日から開始予定です。

よろしくお願いします。


36回の閲覧

最新記事

すべて表示

21世紀の音楽再生の扉

かなり重たいです。簡単には扉は開きません。周辺機器の整備をしないとスタート出来ないようです。 中古を入れてみたのですが必要な接続が出来ず返品。 音楽再生の神様からしたら、「それだけのことをするのに、中古で安く済ませようという態度は怪しからん!」ということのようです。 ということで昨晩は接続不良のため、問題が解決するかとライフサウンド蕨研究所の所長のMさんとあれこれテストを繰り返しましたが、問題は解

令和時代の再生に向けて

最近の新しいケーブル、ダイヤモンドLSエボニーパッドそして、cosmicチューニングの誕生は、何を意味しているのかを考えていました。 もともとライフサウンドはCD再生でアナログレコード再生に負けない再生をしたいというテーマがありました。 最初は無駄なことをしていると知人のディープなアナログファンから言われました。 しかし、突き進んで行くうちに単に情報量が多ければ良いと言うことだけではなく、その周辺

  • facebook
  • Twitter Round
  • googleplus
  • flickr

@2016 lifesound - ライフサウンド 東京都品川区上大崎 1-5-50 tel. 03-3440-5724 / fax 03-5791-7477