• 店主

新たにテストしていること その10


昨日あたりから試作のRCAケーブルのエージングが終わったようです。

その結果ですが素晴らしいところと、不味いところがあります。

良いところは迫力の凄さです。これまでになっかた楽音の表情が得られてリアルなのですが、耳を突く音も楽音によっては出てきました。

これでは疲れます。

そこで問題を解決した方が良いのか、さらに放置した方が良いのか判断の迷うところです。

何かが足りないか、何かが多いのか?

足し算か引き算かをテストしなければと考えて。まず引き算から始めました。すると迫力が消えていき、面白くありません。

最初は調整素材の長さを短くし行きましたが、面白さ消えていきました。

さらに、上流側は何もせず、下流側だけを調整。

悪くはありませんが、少し薄い感じです。

さらにシールドを重装備にしてみました。これは重い音になりますが、響きが地味になりました。

この重装備状態を作るのには時間がかかりました。午前2時30分に完成して、わずかに試聴した時は良かったのですが、翌朝テストしてみると重くて苦しいですね。

これは破棄です!

そこで次は大胆に足し算をしてみることにしました。

さらに調整素材を増やしてみることにしました。上流側にも下流側にもです。

それは明日以降になります。

#ト音

34回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

安全を

ここのところかなりアイディアに窮している店主です。 それは何を考えているのかということから発しています。 ライフサウンドのユーザーの皆様の傾向を考えてみると 1.音楽愛好家 2.音楽探求から真実を見たい 3.さらに自己探求の世界を大事にしたい 大きく言うと上記のようになります。 そのような方の中で特に敏感になられてきている方は、演奏される音楽を通じて演奏者側の心理の影響を受ける方が多いのです。 こ

庭の椿