• 店主

癒される音


先日、群馬県にお住いのTさんがお仕事の関係でお隣の栃木県へお引越しをされました。

そこでオーディオ機器のセッティングのお手伝いに行きました。

エミッションラボの2A3を搭載しているメロディのアンプです。ウエゥスタンの2A3と比較して分解能が上がりさらに繊細な表現をしてくれるのでTさんは、この真空管を選択されました。

引越し後、お忙しくに荷物の開封がやっとできたとおっしゃていたTさんです。

ケーブルなどにトラブルが無いか、1本づつ検査をして、セッティングを行いました。

幸い、ケーブルにトラブルは無く無事接続。

スピーカーの位置もしっかり決めて、真空管をセットしてから電源を入れました。

ケーブルを綺麗に配置するのは未だなのですが、音出しをしてみました。

目覚めから覚まされた機器たちは、ホッとしたような感じで優しく音を出し始めました。

CHORD社のDAC64も元気で、良い音を出してくれます。当時は画期的な存在で、その音質も素晴らしいものでした。ともかく廉価でもあり、かなり多くのユーザーの方に

支持して頂けました。

TESTMENT2はライフサウンドがメーカーと直接交渉して作ってもらったスピーカーで

内部配線も特注品になっています。さらに当時のチューニング技術をすべて搭載していました。

時間経過と共に明瞭な音となりながらも柔らかさを失わず、静かに再生音が心に浸透して来ます。 癒される音ですね。Tさんは激務な環境におられるので、このような癒されるサウンドを望まれておられたのですが、それは全く失われずに再生が行われて

大変喜んでくださいました。まだまだ、このシステムと連れ添えることが確認出来たこともTさんには朗報でした。

店主もとても癒されてしまいました。懐かしさもありましたが、さらに只今そこに存在する音楽が新鮮にも感じられ、いい仕事をさせてもらえたと感謝の気持ちで一杯になりました。

今後もTさんの人生を支えてくれる良き存在として活躍してくれることでしょう。


84回の閲覧

最新記事

すべて表示

令和時代の再生に向けて

最近の新しいケーブル、ダイヤモンドLSエボニーパッドそして、cosmicチューニングの誕生は、何を意味しているのかを考えていました。 もともとライフサウンドはCD再生でアナログレコード再生に負けない再生をしたいというテーマがありました。 最初は無駄なことをしていると知人のディープなアナログファンから言われました。 しかし、突き進んで行くうちに単に情報量が多ければ良いと言うことだけではなく、その周辺

再確認を

昨日呟いたCONTOUR20iの問題ですが、テストした試聴機単体の問題かもしれないので、改めて輸入元でテストをしてもうことにしました。 一番の原因は位相ずれなのでは思われます。 サラウンドチックな再生でしたので、あえてそのような方向へ調整されているとしたら 怖いですね。 そうでないことを祈るばかりです。 また、日本向けには全モデルと同じネットワークを使用してもらえたらと思うことしきりです。 どうな

  • facebook
  • Twitter Round
  • googleplus
  • flickr

@2016 lifesound - ライフサウンド 東京都品川区上大崎 1-5-50 tel. 03-3440-5724 / fax 03-5791-7477