• 店主

パワーアップシール その3


ローズウッドのブリッジにパ2重構造のパワーアップシールを貼ってかなり音質や演奏時の問題が解決されたカマカのソプラノウクレレです。

しかし、パワーアップしたら、そのパワーアップしたエネルギーが起こす問題が現れてきました。

それは表面板が効率良く振動している結果なのでしょう。ボディ全体での鳴きが荒い(粗い)感じになったのです。

表面板が生み出す振動エネルギーをボディの側板などが受け止めきれない感じなのですね。

そこで次なるチューニングポイントを探してみました。

するとボディ下部にありました。

このポイントは絶妙でした。それまでの良さを全く失うことなく、荒さ(粗さ)が無くなりました。

これは違う言い方をすれば、響きが存分に発揮される状態になったということです。

「良い感じ!」と少し離れた場所で聴いていたアシスタントの妻も言い出しました。

少しの時間、この状態で弾いていると、何か頭を抑えられた感じになって来ました。(汗)

「これは!?」と少し考えてしまったのですが・・・・・・・・・・・。

この続きは次回に呟かせて頂きます。


20回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

安全を

ここのところかなりアイディアに窮している店主です。 それは何を考えているのかということから発しています。 ライフサウンドのユーザーの皆様の傾向を考えてみると 1.音楽愛好家 2.音楽探求から真実を見たい 3.さらに自己探求の世界を大事にしたい 大きく言うと上記のようになります。 そのような方の中で特に敏感になられてきている方は、演奏される音楽を通じて演奏者側の心理の影響を受ける方が多いのです。 こ

庭の椿