• 店主

パワーアップシール その3


ローズウッドのブリッジにパ2重構造のパワーアップシールを貼ってかなり音質や演奏時の問題が解決されたカマカのソプラノウクレレです。

しかし、パワーアップしたら、そのパワーアップしたエネルギーが起こす問題が現れてきました。

それは表面板が効率良く振動している結果なのでしょう。ボディ全体での鳴きが荒い(粗い)感じになったのです。

表面板が生み出す振動エネルギーをボディの側板などが受け止めきれない感じなのですね。

そこで次なるチューニングポイントを探してみました。

するとボディ下部にありました。

このポイントは絶妙でした。それまでの良さを全く失うことなく、荒さ(粗さ)が無くなりました。

これは違う言い方をすれば、響きが存分に発揮される状態になったということです。

「良い感じ!」と少し離れた場所で聴いていたアシスタントの妻も言い出しました。

少しの時間、この状態で弾いていると、何か頭を抑えられた感じになって来ました。(汗)

「これは!?」と少し考えてしまったのですが・・・・・・・・・・・。

この続きは次回に呟かせて頂きます。


20回の閲覧

最新記事

すべて表示

令和時代の再生に向けて

最近の新しいケーブル、ダイヤモンドLSエボニーパッドそして、cosmicチューニングの誕生は、何を意味しているのかを考えていました。 もともとライフサウンドはCD再生でアナログレコード再生に負けない再生をしたいというテーマがありました。 最初は無駄なことをしていると知人のディープなアナログファンから言われました。 しかし、突き進んで行くうちに単に情報量が多ければ良いと言うことだけではなく、その周辺

再確認を

昨日呟いたCONTOUR20iの問題ですが、テストした試聴機単体の問題かもしれないので、改めて輸入元でテストをしてもうことにしました。 一番の原因は位相ずれなのでは思われます。 サラウンドチックな再生でしたので、あえてそのような方向へ調整されているとしたら 怖いですね。 そうでないことを祈るばかりです。 また、日本向けには全モデルと同じネットワークを使用してもらえたらと思うことしきりです。 どうな

  • facebook
  • Twitter Round
  • googleplus
  • flickr

@2016 lifesound - ライフサウンド 東京都品川区上大崎 1-5-50 tel. 03-3440-5724 / fax 03-5791-7477