• 店主

さりげなく


240iのテストを再開しました。じっくりと聴きなおしています。

まずはラックに直置きしての試聴から始めました

使用したCDは坂本冬美さんです。

ご本人が素晴らしいのは当たり前ですが、伴奏する演奏者たちも素晴らしいのです。さらに録音も素晴らしいので。

最近はテストに使わせてもらっています。特に坂本冬美さんの声の変化が

デリケートで素晴らしいのですからテストにはもってこいですね。

さて240iですがバーンインが、先回より進んでいるようで、以前よりさり気なく鳴ってくれます。

さり気なくなってくれていますので、このままでも良いかなと思ってみて聴いています。

しかしながら時間が経過すると気になって来てしまうのですね。

さり気なく流れているのでもう少し心に響いて欲しいなあと思い始めてしまうのです。

彼女の声が単純に聴こえしまうのでちょっと寂しい感じもしてしまいます。

それではどうしようかと考えますとまずは足回り。

ここが肝心です。足回りを何とかすれば、もう少し彫りが深く出てくると予想されます。

そこでLSエボニーパッドを240iの足の下に入れてみました。

さてどうでしょうか?

結果はやはりでした。さらに彫りの深い音が出て来て、彼女の声の微妙な変化がよりはっきりと分かります。最低でもこうでなければ真に満足出来ませんね。

こうなると彼女の素晴らしい発声が以前より見てくるのとデリケートな彼女のビブラートの魅力が出てきます。

LSエボニーパッドの役割は振動管理ということになります。アンプに付属している足ではアンプ自体から発生した振動を逃しきれていないので、LSエボニーパッドが

さらに補助することになります。

その結果としてアンプ自身が生み出した振動によってアンプにそれが戻ることなくなることでより正確な音楽信号をスピーカーへ送り出すことが出来ることになります。

金属素材の足回りでは固有の振動を生み出してしまい、LSエボニーパッドのようなレベルでの振動対策をすることが出来ません。

その金属の持つ個性が再生音に乗ってしまいますので

#SIMAUDIO

61回の閲覧

最新記事

すべて表示

その後

340iXの内部配線をシルク配線材に交換した直後は少々心配になりましたが、その後は快調です。響きの美しさ!毛細血管まで見えるような細かさ。音の響きの妙が自然で柔らかく、美しく、心を和ませてくれています。 さらにすべての音域で充実したパワー感が豊かさを増してくれています。 こんなに音楽がリアルの感じられることはこれまでの経験ではありませんでした。 それはそうでしょう。 これまでにない素材を使ってチュ

その後

さて一晩休ませ一晩音を流してみた340iX。 音質は・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ◎ですね! 少々心配したことが杞憂に過ぎないということでした。 5種類のチューニング素材を使用しています。それぞれが馴染んで行くために時間が必要なのです。 今回は、それに少し時間がかかったようです。それだけ340iXは感度があるということでしょう。 響きの美しさ。透明感、解像力そして音質の

一晩明けて

ATOLLのIN400seに関してはシルク配線材の交換だけで良さそうです。 誰も経験したことが無い世界に突入しているものですから、まだまだ未知の法則があるようです。 その一方で340iXの場合も250iとは異なる法則があるようです。これもまた同じメーカーなのですが異なる法則に支配されているようです。 そこで、それを確認することにしています。 大げさな言い方ですが前人未到の世界と言う段階なので、確認

  • facebook
  • Twitter Round
  • googleplus
  • flickr

@2016 lifesound - ライフサウンド 東京都品川区上大崎 1-5-50 tel. 03-3440-5724 / fax 03-5791-7477