• 店主&お客様

250iLSCと240i その2


これまでの感想以外では少し気になることがありました。Nēo 250iLSCの方がパワーを感じるのですね。

チューニングされていることで当然なのですが公表されているパワーもあまり違いは無いのですが。

Nēo240i は8Ω50W+50Wですが、4Ω時は85W+85W。

Nēo 250iは8Ω50W+50WとNēo 240iと同じですが4Ω時は100W+100Wとなります。

この違いがそう感じさせるのでしょうか。

さらに、内部を見てみることにしてみました。

↑左側がNēo 240右側がNēo 250iになります。画像では分かり難いかもしれませんがNēo 250iのトランスの方が、1センチちょっと直径が大きいことが分かりました。

この違いが僅かに感じるパワー感 音圧に影響しているのでしょう。

↑はNēo 240の内部です。一番ポイントになる内部配線材が見えますが、柔らかいですね。

柔らかい配線材はやはり柔らかい音は出ますが腰のある音は出にくいものです。

その点もチューンアップしたくなりますね。

ノーマル状態でも素晴らしいレベルを持っているのですから、さらに凄いことになります。

ディナオーディオファンであればSIMAUDIOのアンプはリファレンスとして安心して使って頂けるものです。

何しろディナオーディオ自身がリファレンスとしているのですから。ディナオーディオのスピーカーの個性を知っているからこそ、低域ドライブ能力は秀逸です。

さらにメーカーが予想もしていないレベルでの再生を望まれるのでした、是非、ライフサウンドの各チューニングとチューンを行ってみてください。

これまでの感じられていた壁がいとも簡単にスルーしてしまいますよ。

#SIMAUDIO

93回の閲覧

最新記事

すべて表示

その後

340iXの内部配線をシルク配線材に交換した直後は少々心配になりましたが、その後は快調です。響きの美しさ!毛細血管まで見えるような細かさ。音の響きの妙が自然で柔らかく、美しく、心を和ませてくれています。 さらにすべての音域で充実したパワー感が豊かさを増してくれています。 こんなに音楽がリアルの感じられることはこれまでの経験ではありませんでした。 それはそうでしょう。 これまでにない素材を使ってチュ

その後

さて一晩休ませ一晩音を流してみた340iX。 音質は・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ◎ですね! 少々心配したことが杞憂に過ぎないということでした。 5種類のチューニング素材を使用しています。それぞれが馴染んで行くために時間が必要なのです。 今回は、それに少し時間がかかったようです。それだけ340iXは感度があるということでしょう。 響きの美しさ。透明感、解像力そして音質の

一晩明けて

ATOLLのIN400seに関してはシルク配線材の交換だけで良さそうです。 誰も経験したことが無い世界に突入しているものですから、まだまだ未知の法則があるようです。 その一方で340iXの場合も250iとは異なる法則があるようです。これもまた同じメーカーなのですが異なる法則に支配されているようです。 そこで、それを確認することにしています。 大げさな言い方ですが前人未到の世界と言う段階なので、確認

  • facebook
  • Twitter Round
  • googleplus
  • flickr

@2016 lifesound - ライフサウンド 東京都品川区上大崎 1-5-50 tel. 03-3440-5724 / fax 03-5791-7477