• 店主

素敵な小リスニングルーム


先日、川崎市にお住いのTさん宅へTD508MK3のスタンドとTD307MK3LSCを持ち込みテストをさせて頂きました。

TD508MK3は当初ブラックをご希望なので、8月まで生産が出来ない状況なのでTD307MK3LSCのブラックを納品させて頂くまでお貸出しすることになりました。

長年研究されておられるTさんは素敵なリスニングルームをお持ちでした。

広さは幅が2メートル強X2メートルぐらいのリスニングルームです。

この画像でお分かりいただけるでしょうか?入口付近から撮影させて頂きました。

TD307MK3LSCがそれなりに収まります。このお部屋のエアボリュームを考えますとTD508MK3が限界ではと思っておりましたのでTD307MK3LSCでは余裕です。

Tさんは長年ご愛用のハーベスなどのスピーカーをお持ちでしたが、この部屋では音が飽和してしまうことを体験されて手放されてTD508MK3をご選択頂きました。

ライフサウンドのリスニングルームではエアボリューム的にTD307MK3には厳しいのですがTさんのお部屋ではどのような結果になるのでしょう?店主も経験上は理解していますが現場で確認させて頂くことでこれまでの経験がさらに活かされることになると

思っていました。

しっかりした造りのリスニングルームでありますから期待が大きく膨らみました。

早速セッティングして音出しをしてみました!


90回の閲覧

最新記事

すべて表示

21世紀の音楽再生の扉

かなり重たいです。簡単には扉は開きません。周辺機器の整備をしないとスタート出来ないようです。 中古を入れてみたのですが必要な接続が出来ず返品。 音楽再生の神様からしたら、「それだけのことをするのに、中古で安く済ませようという態度は怪しからん!」ということのようです。 ということで昨晩は接続不良のため、問題が解決するかとライフサウンド蕨研究所の所長のMさんとあれこれテストを繰り返しましたが、問題は解

令和時代の再生に向けて

最近の新しいケーブル、ダイヤモンドLSエボニーパッドそして、cosmicチューニングの誕生は、何を意味しているのかを考えていました。 もともとライフサウンドはCD再生でアナログレコード再生に負けない再生をしたいというテーマがありました。 最初は無駄なことをしていると知人のディープなアナログファンから言われました。 しかし、突き進んで行くうちに単に情報量が多ければ良いと言うことだけではなく、その周辺

  • facebook
  • Twitter Round
  • googleplus
  • flickr

@2016 lifesound - ライフサウンド 東京都品川区上大崎 1-5-50 tel. 03-3440-5724 / fax 03-5791-7477