• 店主

自分の部屋を知ることが最初です。


オーディオファンなら何方でもいい音楽再生を実現したいと願っておられると思います。機器の研究をされ、組み合わせを研究されたり、さらには吸音などされたりと皆様努力されていることと思います。

コスト無視で高級機器を導入される方はごく一部であると思います。

そうでないケースでは出来るだけコストを押さえて評判の良い機器を導入することが多くの方が行われていることと思います。

そこでゴールデンウィークだからこそ出来ることをご提案させて頂きたいと思います。

現在オーディオシステムをお持ちの方なら何方でも出来ることです。

それは自分の部屋を知ることです。

「何じゃそれは?」「そんなことを知っているぞ!」と言われてしまうかもしれません。

「そんなこと何時もいるから知っている!」と言われてしまうようにも思います。

さてライフサウンドがご提案したいのは「お部屋の素の音を知っていますか?」ということです。

「素の音?」それは何だと言われてしまうでしょう。

ライフサウンドの経験ではお部屋の素の状態で音出しをした経験がある方は少ないのです。

あれこれ家具や調度品やオーディオ機器が置いてあるかなで機器の入れ替えをしている方が圧倒的に多かったですね。

その結果、オーディオ機器の問題ではなく、そこに存在している他のものの影響で音質が望んでいない方向へ行っていることになっていることが多くありました。

それはリスニングルーム専用であってもです。ですからお心当たりのある方は、

一度リスニングルームにしているお部屋から全ての存在を移動させてみてください。そして、その空間が出来たら、オーディオ機器だけをセットして音出しをしてみてください。その状態で再生されて聴こえる音がお部屋の素の音ということです。

この状態を知らないでオーディオ機器を何度も取り換えても満足されることは無いと思います。

そして、その状態の音をしっかり体感記憶されたら、そこに存在して移動させた家具や調度品を一つ一つ戻してみてください。

一つ入れて、それを確認したらそれを部屋から出して、さらに違うものを置くというのが一番ベストですが、それが面倒なら順番に一つ一つ置いて行く中で音楽再生がどのように変化して行くのかを確認してみてください。

それからの影響がどのようにご自分のオーディオ機器が再生する音楽に影響を与えるかを知ることで、システムの問題と家具や調度品の影響を受けた状態の問題をしっかり区別して認識することができると思います。

また逆の方法でも良いでしょう。現状から一つ一つそこに存在するオーディオ機器以外のものをリスニングルームから出して行くことです。

先回ご紹介した小リスニングルームで行ったことと同じですね。それらの音響的な影響を確認されることでを通じで、音響の面白さや怖さを知って頂くことが素晴らしい音楽再生を獲得するための基本です。

長年オーディオ機器と付き合っている方でも、音が出るまでの研究はされていても音が出た後のついては意外と研究されていないと思います。

フラッターエコーがどうのこうのなどまずは考えないでください。

お部屋の素の音を知ることが第一です。

それを知ったうえで、対策をすることは良いと思いますし、さらに言えば、そこに存在するものが、そのお宅の音でもあるのです。

何か完璧を目指さないとダメなのではと思い込んでいる方も多いと思います。

スピーカーの後ろの壁の四隅に音が溜まるから吸音しなければといか色々あると思いますが、それはそれでまずはお部屋の素の状態を知ることです。

そして、巣の状態から通常の状態に戻して行く中で、どこで許せないか、それとも気なならないかを確認しながら進めてみてください。

ご自分のリスニングルームは、他のどこにも存在していません。唯一無二なのです。

ですから他者のお宅と比較しても意味がありません。現状の中でベストは何かを

探り知ることが良い音楽再生の基本であるとライフサウンドは考えています。


58回の閲覧

最新記事

すべて表示

フラッグシップで

HDDプレーヤーの性能を理解するためにTDシリーズのフラッグシップであるTD712zMK2を再び登場させました。これまでTD510zMK2の凄さに圧倒されていましたが、 お客様からのご要望もあり、交代することにしました。 また先のブログで「お客様が試聴用で持って来てくださったCDが多く」と呟いていましたが、これは誤解を受ける呟きでした。これでは試聴しにご来店されたお客様のCDを全て頂いていたように

  • facebook
  • Twitter Round
  • googleplus
  • flickr

@2016 lifesound - ライフサウンド 東京都品川区上大崎 1-5-50 tel. 03-3440-5724 / fax 03-5791-7477