• 店主

素敵な小リスニングルームその6


吸音された結果は寂しい再生でした。そこでリスニングポイントの後ろの壁にセットしてみました。

やはり寂しい感じで、それまであった豊かさが失われてしまいました。音像は薄くなり、暗い感じになりました。

アバロンとはまるで違いました。

そこでアバロン1個で極めつけの場所をと思われる場所に置いてみることにしました。

その前の段階としてリスナーの後ろです。

気持ちよく音が回り込んで来ましたが、まだ薄い感じです。

そこで極めつけの場所へ。

リスナーの真下です。

この画像は撮影時にピントが合わないでいたので、小さくしておきました。(汗)

ビクターのワンちゃんであるニッパー君も不思議そうに眺めていました

これは抜群でステージはしっかり出てくる、音の品格はあがり、細かい描写が蘇りました。

ボーカルの位置が鮮明でエネルギー的にも充実した感じになりました。

この位置にはTさんもご納得されて、アバロンをご注文頂けることになりました。

オーディオ再生の醍醐味を体験して頂けたようです。単に高額製品を導入すれば凄い音楽再生が出来ると思い込んでいる方が多いようなのですが、それは一面的なことに

過ぎないのですね。

オーディオ再生の面白さは音が出るまでの管理だけでなく、音が出てからの空間管理を

することもあるのです。それをしないでいては一面的な喜びで終わってしまうということです。

逆に言えば廉価な製品でも素性の良いものであれば、取り扱い方をしっかり行えば、それは素晴らしい音楽再生を味わうことが出来るのです。


67回の閲覧

最新記事

すべて表示

令和時代の再生に向けて

最近の新しいケーブル、ダイヤモンドLSエボニーパッドそして、cosmicチューニングの誕生は、何を意味しているのかを考えていました。 もともとライフサウンドはCD再生でアナログレコード再生に負けない再生をしたいというテーマがありました。 最初は無駄なことをしていると知人のディープなアナログファンから言われました。 しかし、突き進んで行くうちに単に情報量が多ければ良いと言うことだけではなく、その周辺

再確認を

昨日呟いたCONTOUR20iの問題ですが、テストした試聴機単体の問題かもしれないので、改めて輸入元でテストをしてもうことにしました。 一番の原因は位相ずれなのでは思われます。 サラウンドチックな再生でしたので、あえてそのような方向へ調整されているとしたら 怖いですね。 そうでないことを祈るばかりです。 また、日本向けには全モデルと同じネットワークを使用してもらえたらと思うことしきりです。 どうな

  • facebook
  • Twitter Round
  • googleplus
  • flickr

@2016 lifesound - ライフサウンド 東京都品川区上大崎 1-5-50 tel. 03-3440-5724 / fax 03-5791-7477