• 店主

素敵な小リスニングルームその6


吸音された結果は寂しい再生でした。そこでリスニングポイントの後ろの壁にセットしてみました。

やはり寂しい感じで、それまであった豊かさが失われてしまいました。音像は薄くなり、暗い感じになりました。

アバロンとはまるで違いました。

そこでアバロン1個で極めつけの場所をと思われる場所に置いてみることにしました。

その前の段階としてリスナーの後ろです。

気持ちよく音が回り込んで来ましたが、まだ薄い感じです。

そこで極めつけの場所へ。

リスナーの真下です。

この画像は撮影時にピントが合わないでいたので、小さくしておきました。(汗)

ビクターのワンちゃんであるニッパー君も不思議そうに眺めていました

これは抜群でステージはしっかり出てくる、音の品格はあがり、細かい描写が蘇りました。

ボーカルの位置が鮮明でエネルギー的にも充実した感じになりました。

この位置にはTさんもご納得されて、アバロンをご注文頂けることになりました。

オーディオ再生の醍醐味を体験して頂けたようです。単に高額製品を導入すれば凄い音楽再生が出来ると思い込んでいる方が多いようなのですが、それは一面的なことに

過ぎないのですね。

オーディオ再生の面白さは音が出るまでの管理だけでなく、音が出てからの空間管理を

することもあるのです。それをしないでいては一面的な喜びで終わってしまうということです。

逆に言えば廉価な製品でも素性の良いものであれば、取り扱い方をしっかり行えば、それは素晴らしい音楽再生を味わうことが出来るのです。


67回の閲覧

最新記事

すべて表示

10月5日には

いよいよ21世紀のオーディオ再生の周辺準備が整いそうです。 これによってこれまで積み上げて来た再生環境が、いかなる結果になるのかが 楽しみでもあり、怖くもありますね。 アシスタントの妻がちょっと厄介な病気になっており、私以外に手助けが出来ないので 少々難儀しております。 しかし、必ずや元気になってくれると信じております。 その為にも21世紀の音楽再生を実現して聴かせてやりたいと思っています。

お知らせ

9月30日大阪、10月4日愛媛それぞれ出張いたします。 お店はお休みとさせて頂きます。 電話は通じますので、ご連絡は電話でお願いします。 よろしくお願いします。 店主

21世紀の音楽再生の扉

かなり重たいです。簡単には扉は開きません。周辺機器の整備をしないとスタート出来ないようです。 中古を入れてみたのですが必要な接続が出来ず返品。 音楽再生の神様からしたら、「それだけのことをするのに、中古で安く済ませようという態度は怪しからん!」ということのようです。 ということで昨晩は接続不良のため、問題が解決するかとライフサウンド蕨研究所の所長のMさんとあれこれテストを繰り返しましたが、問題は解

  • facebook
  • Twitter Round
  • googleplus
  • flickr

@2016 lifesound - ライフサウンド 東京都品川区上大崎 1-5-50 tel. 03-3440-5724 / fax 03-5791-7477