• 店主

店主もびっくり!


お客様が持ち込んでくださった超高額なスピーカーケーブルとスチューデントの新しいチューニングをしたケーブルの比較試聴をすることになりました。

「超弩級の(ピュア&エネルギー&迫真のプレゼンス)。音楽という芸術の感動を深める究極のパフォーマンス」という素晴らしいコピーで宣伝されたペアで16万円もするスピーカーケーブルと学生と言う名前をつけたライフサウンド入門用のケーブルメーターあたり4,800円の製品の比較試聴です。

価格の点ではまったく勝負にならないような価格差です。長さは共に2メートルスチューデントはペアで19,200円です、

価格差は8.3倍強です。

その仕様は超高純度7NクラスCu、高機能純銅線HiFC、高純度無酸素銅線PCUHD、モダーン錫メッキ高純度銅、高純度無酸素銅OFC というものです。

導体サイズ:3.4スケア(10芯)ということです。

一方スチューデントは芯線にテフロン被覆銀メッキ単線ですが、ライフサウンド独特のチューニング施しています。さらにケーブル芯線の外被覆は少し太めで芯線を強く圧迫することなく自由に動けるようにしています。

価格は別として導体の仕様を知ると勝負にならないなと経験上分かりますが、実際に比較してみないと結論が出ませんね。

最初に低価格な新しいスチューデントを聴きました。空気感も出て切れ味も良いなかの

粘りもあり、リアルなサウンドでした。これでも入門用スピーカ―ケーブルですが。

次にお客様が持ち込まれた高額なスピーカーケーブルを・・・・・

あれ?スチューデントで存在していた空気感が消えてしまいました。音の品格が落ちて粗い感じですね。耳が痛くなりました。

これにはお客様もびっくり!でも店主はさらにびっくりしました。

感想は全く同じでした。スチューデントで楽しめた音楽が姿を消して、オーディオ機器を聴いている感じです。

この価格差でこの性能の違い! どんなに純度の高い素材を使用してみてもより線構造のケーブルは大同小異です。

スチューデントスピーカーケーブルは8.3倍もするスピーカーケーブルをあっさりと

退けてしまいました。

店主としてはこれだけの高額なスピーカーケーブルなので期待をしていたのですが、やはり予想通り再生能力にはびっくりしました。

お客様は新しいスチューデントケーブルをご購入されてお帰りになられました。

#ト音

90回の閲覧

最新記事

すべて表示

もっと詳しく

と言うご依頼がありましたが、あくまでもライフサウンドでの体験です。 新しいCONTOUR20iの問題は、フォーカスが合っているようで合わない状態が 起きるということです。 これはカメラ撮影で言えば、激しい手振れ状態と言っても良いのかもしれません。 この状態を続けたら人間はおかしくなってしまうと思います。さらに音が奥に引っ込んで しまうのでびっくりです。 集中して音楽を聴こうとしているのが妨げられる

新製品聴きました

新しいモデルCONTOUR20iを試聴させてもらいました。 デザイン的には変わっていませんが、かなり内部的には改善が図られたようです。 以前のモデルより立ち上がりが早くなスムーズなサウンドを聴かせてくれます。 それが長所でもありますが、以前のモデルような良い意味での重さが少々足りない感じもします。さらに粘りも。 まあ、それはチューニングで何とかなると思います。 ということで導入しようかなと思ったの

  • facebook
  • Twitter Round
  • googleplus
  • flickr

@2016 lifesound - ライフサウンド 東京都品川区上大崎 1-5-50 tel. 03-3440-5724 / fax 03-5791-7477