• 店主

最近の気付き?


まだまだ暑い日が続いています。皆様も体調には十分ご注意ください。

さて最近なのですが、SIMAUDIO250iLSCが一皮むけた音になっています。バーンインは十分に行っているのですが、これまで以上に微細な音が美しく再現してくれています。

新しいケーブルの効果もあると思いますが、それだけではない感じがしていました。

馴染みのユーザーさんからも「何かいい音になっているね。」とご感想を頂きました。

あれこれ考えていたのですが、ひょっとしてと思い当たることが一つありました。

それは7月にエアコンを東芝からシャープに変えたのでした。また容量も大きいものにしました。

ライフサウンドのリスニングルームは高気密型住宅を使用しています。

窓は三重硝子です。ですので、気密性が良く、18.5畳のリスニングルームも10畳用エアコンで十分に冷えてくれていました。

ところが6月ごろから東芝エアコンが不調になりガス漏れが発生。10年ぐらい使っていたので修理をしても高額になりそうなので交換することにしました。

またメーカーの方から「せめて14畳用にしてくださいよ。」と言われてしまいました。

その方が余裕で冷えますからとのことでした。

そこで以前から母が使っていたシャープにしてみることにしました。

プラズマクラスターは自然界に存在するのと同じプラスとマイナスのイオンと同じとのことです。

すでにライフサウンドではマイナスイオンディスクなど開発して使用していましたから

どうなのかなと思っていたのですが。

メーカーの説明では静電気の除電スピードもあるとのこと。

また空気中の水分分子への影響もあるのではと考えていますが、それらの相乗効果によってSIMAUDIOが開発されたカナダと環境的に近くなったのかもしれません。

その結果、以前よりも、よりSIMAUDIOの魅力が発揮できるようになったのかな!?と店主は考えています。

皆様のお宅でも是非試して頂ければと思っています。


63回の閲覧

最新記事

すべて表示

もっと詳しく

と言うご依頼がありましたが、あくまでもライフサウンドでの体験です。 新しいCONTOUR20iの問題は、フォーカスが合っているようで合わない状態が 起きるということです。 これはカメラ撮影で言えば、激しい手振れ状態と言っても良いのかもしれません。 この状態を続けたら人間はおかしくなってしまうと思います。さらに音が奥に引っ込んで しまうのでびっくりです。 集中して音楽を聴こうとしているのが妨げられる

新製品聴きました

新しいモデルCONTOUR20iを試聴させてもらいました。 デザイン的には変わっていませんが、かなり内部的には改善が図られたようです。 以前のモデルより立ち上がりが早くなスムーズなサウンドを聴かせてくれます。 それが長所でもありますが、以前のモデルような良い意味での重さが少々足りない感じもします。さらに粘りも。 まあ、それはチューニングで何とかなると思います。 ということで導入しようかなと思ったの

  • facebook
  • Twitter Round
  • googleplus
  • flickr

@2016 lifesound - ライフサウンド 東京都品川区上大崎 1-5-50 tel. 03-3440-5724 / fax 03-5791-7477